脱毛の専門サイト

基礎知識

肌荒れしていても脱毛できる?ニキビがある時や注意点・対策

By 望月あい

肌荒れとひと口に言っても種類はさまざま。肌荒れしているときに脱毛が可能かどうか、種類別にご紹介します。また、施術前後の肌荒れ対策についても解説しているので、ぜひご覧ください。

肌荒れしていても脱毛できる?

考える女性

肌荒れといっても、原因はひとつだけではありません。ここでは肌荒れの主な原因であるニキビやアトピー、カミソリ負けに分けて説明します。

ニキビによる肌荒れ

ニキビが炎症を起こしている場合は、その部分を避けて照射されることが多いです。炎症は肌が傷ついている状態なので、照射するとさらに肌を痛めることになります。さらなる肌トラブルの危険を避けるために、炎症部分への照射を避けるのですね。

アトピーによる肌荒れ

アトピーによる肌荒れは、肌の状態によって施術の可否が異なります。色素沈着を起こしていたり、肌に黒いブツブツができていたりする場合は、施術を断られるケースが多いでしょう。

アトピーがひどい人は、サロンではなく医療クリニックを選んだほうが安心です。初診のときに、脱毛ができるかどうか医師に診断してもらいましょう。

カミソリ負けによる肌荒れ

カミソリ負けして、肌が赤くただれた状態になっている場合、その部分を避けて照射されます。ニキビによる炎症と同じで、カミソリ負けしている部分は肌が傷ついている状態です。そのまま照射すると、肌トラブルが悪化することもあるため危険なのです。

脱毛前の肌荒れを抑えるには?

肌荒れを気にする女性

脱毛前の肌荒れは、少しでも抑えておきましょう。肌荒れがひどい部分は光・レーザーともに照射できません。脱毛に通うと決めたら、肌荒れを少しでも改善するように心がけましょう。

ニキビを治す

ニキビを治すには、皮膚科に行くと同時に、自宅でのケアも必要になります。自宅では脂っこい食事を控え、野菜・果物を十分とるなど、食生活を改善しましょう。また、水を飲んだり長風呂をしたりなど、肌の新陳代謝を活発にする生活習慣を心がけるといいですね。

顔にニキビができている場合、洗顔はしすぎないように気をつけましょう。洗顔は1日2回で十分です。肌を清潔に保とうとして洗顔しすぎると、肌が乾燥し、逆にうるおいを保つために毛穴から皮脂が分泌されます。過剰な皮脂はニキビにとっては逆効果になるので、気をつけましょう。

アトピーを治療する

アトピー肌の人は、まずは治療を心がけましょう。軽度のアトピーでも、放っておけば悪化することがあります。なるべく早い段階で皮膚科に行き、治療を受けましょう。肌は十分に保湿して、かきむしらないように気をつけてくださいね。

カミソリは使わない

ムダ毛の自己処理に、カミソリの使用は厳禁です。カミソリは毛だけでなく、皮膚の表面まで削るので、肌荒れの原因になりやすいからです。

とくに、毛の流れとは逆方向に逆剃りしたり、お風呂上がりのふやけた肌にカミソリを使用すると、肌へのダメージが大きくなります。肌が弱い人は、カミソリ負けで肌がヒリヒリしたり、赤くなったりすることもあるでしょう。

ムダ毛を自己処理するときは、カミソリではなく電動シェーバーを使用するのがおすすめ。電動シェーバーなら、肌への負担を最小限に抑えられます。

脱毛で肌荒れしたときの対処法

眼鏡の女性

肌が弱い人は、脱毛で肌荒れするリスクもあります。脱毛サロンや医療クリニックでの脱毛で肌荒れしたときの対処法をご紹介します。

脱毛で肌荒れした時の対処法【1】施術した部位を冷やす

脱毛した日は、冷たいタオルなどで肌を冷やしましょう。冷やすことによって、肌に蓄積された熱を冷まし、炎症のリスクを抑えられます。また、汗をかくような運動や入浴を控えることも大切です。

脱毛で肌荒れした時の対処法【2】肌を保湿する

脱毛後の肌は、乾燥しやすい状態になっています。乾燥して皮膚が薄くむけたり、赤くなったりする人もいるでしょう。かきむしってしまうと肌トラブルの原因になるので、乾燥が気になる前に、しっかり保湿をしておきましょう。

脱毛で肌荒れした時の対処法【3】肌荒れがひどい場合は病院に行く

脱毛後の肌荒れがひどい場合は、早めに病院へ行くことが大切です。サロンで脱毛を受けた人は、サロンの提携クリニックの連絡先を確認し、診察を受けましょう。医療クリニックで脱毛を受けた人は、クリニックに連絡してくださいね。

脱毛が完了すると自己処理による肌荒れがなくなる

笑顔の女性

肌が弱い人は、自己処理で肌荒れを起こすことも多いです。毛を抜くことによって炎症を起こしたり、カミソリ負けを起こして肌がかぶれたりした人もいるでしょう。とくに、毛深い人は自己処理をせざるをえないので、どうしても肌荒れを引き起こしやすいです。

脱毛が完了すると自己処理の必要がなくなるので、肌荒れが起きなくなるのがメリットですね。肌が弱い人ほど、脱毛完了時のメリットは高いといえるでしょう。


肌荒れ時の脱毛の可否と、脱毛前後の肌荒れ対策についてご紹介しました。肌荒れがひどいと、荒れている部分を避けて照射されることが多いです。ニキビやアトピーがある場合は治療を優先し、ふだんの自己処理でなるべく肌を傷つけないようにしましょう。