脱毛の専門サイト

自己処理

脱毛中の自己処理の方法は?NGのやり方と注意点をご紹介

By 望月あい

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛中にも、ムダ毛の自己処理をしなければなりません。脱毛中のお手入れを間違えてしまうと、せっかくサロンに通っても脱毛効果が出にくいことがあります。脱毛中の正しい自己処理の方法をご紹介します。

脱毛中にNGな自己処理① 毛抜きで抜く

毛抜き

ムダ毛を毛抜きで抜くと、炎症が起きたり、埋没毛になったりすることがあります。埋没毛とは、毛が皮膚の奥に埋もれたまま生えている状態です。肌の上から毛が透けて、黒いポツポツのように見えるのが特徴ですね。

よく見ると、肌の奥にくるんと毛が丸まっていることもあります。あまり見た目にはきれいでないので、なるべく避けたいところですね。

埋没毛になると、ピンセットで皮膚をめくって毛を出す人もいます。しかし無理やりムダ毛を出すと、皮膚が治癒のために傷口をふさぎ、また埋没毛になるという悪循環に。

一度埋没毛になると、なかなか治らないので厄介です。炎症や埋没毛を防ぐためには、なるべく毛を抜かないようにしてくださいね。

脱毛中にNGな自己処理② ワックスで脱毛する

ワックス

ワックスも毛抜きと同じで、ムダ毛を抜くことになるので使用は避けましょう。毛抜きと同じく、炎症や埋没毛の原因となります。

さらにワックスは、毛の流れに逆らって一気にはがすので、肌へのダメージも大きくなります。毛の流れに逆らって抜くと、埋没毛になりやすいデメリットもあるのでご注意ください。

サロンやクリニックの脱毛は、肌の表面に出ている毛にしか効果がありません。毛を抜くと、再び肌の表面に毛が生えるまで、長いと数ヶ月かかります。せっかく脱毛に通っても、抜いた毛には効果がないので、もったいないですよね。脱毛効果を最大限にするためにも、脱毛中はムダ毛を抜かないようにしましょう。

脱毛中にNGな自己処理③ カミソリで剃る

カミソリでムダ毛を剃る女性

カミソリは肌を傷つけやすく、色素沈着やかぶれの原因になります。肌が弱い人は、カミソリ負けを起こすこともあるでしょう。

カミソリは毛だけでなく、肌の表面まで削り取ります。とくに脱毛に通う前日にカミソリを使うと、カミソリで傷ついた肌にレーザーを照射することになり、肌によくありません。

あまりにもかぶれがひどいと、その部分だけ避けて照射されることもあります。基本的には、カミソリは使用しないほうがいいでしょう。

脱毛中の自己処理は電動シェーバーがおすすめ

指をさす女性

脱毛中の自己処理には、電動シェーバーを使いましょう。シェーバーはカミソリよりも、肌への負担が小さくなります。

カミソリを使うときは、ある程度肌に押しあてる必要がありますよね。その点シェーバーは、肌に軽く触れる程度の力で使用できます。そのため、皮膚が削られることも、カミソリと比べて少ないのです。

電動シェーバーは、家電店で数千円程度で購入できます。刃がついているヘッド部分は交換可能です。定期的にヘッドを交換すればずっと使えるので、脱毛に通うなら購入を検討するといいでしょう。

電動シェーバーで自己処理をするときの注意点

笑顔の女性

電動シェーバーを使うときの注意点を3つご紹介します。刃を定期的に取りかえることと、ムダ毛の流れに沿って使用すること、肌が乾いた状態で使用することを心がけましょう。

シェーバーの刃は定期的に取りかえる

シェーバーのヘッドの部分は、定期的に交換しましょう。ずっと同じ刃を使っていると、だんだん刃の切れ味がにぶくなり、剃りにくくなっていきます。剃りにくくなると、無意識のうちにヘッドを肌に押しあてるようになり、肌への負担が大きくなるのです。

ヘッドを肌に押しあてると切れやすくなるように感じますが、肌へのダメージも大きくなります。

大抵の電動シェーバーは、ヘッドの部分のみ別売りしているので探してみてくださいね。少し切れ味が悪くなってきたと思ったら、すぐに交換するのがポイントです。無理に使い続けると、肌荒れやかぶれの原因になるので、ケチらずにすぐに交換しましょう。

毛の流れに沿って使用する

電動シェーバーも、肌への負担が全くないわけではありません。より肌に優しくするためには、毛の流れに沿って使用しましょう。カミソリと同じで、毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きくなります。

肌が乾いている状態で使用する

お風呂上がりは、皮膚がふやけて柔らかくなっている状態です。肌が柔らかい状態でシェーバーを使用すると、皮膚の表面まで削る可能性があります。

先ほども述べたように、電動シェーバーなら、まったく肌が傷つかないわけではありません。少しでも肌への負担を減らすためには、肌が乾いている状態で使用してくださいね。


脱毛中の自己処理について、NGな方法と正しい方法をまとめました。毛を抜いたりカミソリで剃ったりするのは、肌に負担がかかるのでやめましょう。電動シェーバーを使うと、肌への負担を最小限にできますよ。正しい自己処理方法で、脱毛の効果をアップさせてくださいね。