脱毛の専門サイト

部位別の脱毛

VIOラインを脱毛したい。脱毛サロンと医療クリニックの違いは?

By 秋田まち

VIOラインとはデリケートゾーン周辺のことです。Vラインは正面のアンダーヘアの左右に位置するライン、Iラインは陰部の両側、Oラインは肛門の周りを指しています。Vラインは自己処理が比較的簡単ですが、Iライン・Oラインは自分で処理は難しいため、脱毛サロンやクリニックなどで脱毛してもらうことになります。

そこで、VIOライン脱毛はどこで施術してもらえば良いのか、脱毛サロンや医療脱毛クリニックのメリット・デメリット、注意点について確認しておきましょう。

▶︎脱毛の基本

VIOライン脱毛はどこで受ける?

エステサロン

VIOラインの脱毛を美しく仕上げて欲しい場合、VIOライン脱毛を脱毛サロンと医療脱毛クリニックのどちらで受けたら良いのか迷ってしまうかもしれません。

脱毛サロンで行う脱毛と、医療脱毛クリニックで行う医療脱毛は、どちらも似たような脱毛機器を使うことになりますが、出力の大きさなどに違いがあるため、それぞれの特徴を確認した上で決めましょう。

脱毛サロンの場合

脱毛サロンの場合、行われる施術は光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれるもので、発した光がメラニン色素に反応することを利用して毛を抜いていきます。

しかし波長や光が進む方向が散らばることで、弱い光を広い範囲に照射することになり、1本1本の毛根にまで光を届けることができません。

脱毛サロンでVIOライン脱毛するメリット

毛根まで光を届けることはできませんが、医療脱毛クリニックよりも施術時の痛みは穏やかです。

また、脱毛サロンは料金が安く設定されていますし、大手サロンであれば初回特典として特別価格で施術してもらえるというところも少なくありません。

個人経営のサロンもあるので、脱毛サロンの規模によって料金体系は異なりますが、医療脱毛クリニックの半分、または3分の1くらいの費用で済むこともあります。

また、脱毛だけでなく保湿ケアもしっかり行ってくれるサロンであれば、肌の状態も良好な状態を保つことができるでしょう。安くて痛みがなく、さらに肌ケアも行ってくれるという点が脱毛サロンのメリットです。

脱毛サロンでVIOライン脱毛するデメリット

痛みが少ない分、医療脱毛より照射出力が弱く、長期に渡って通わなければならなくなってしまう点がデメリットです。

また、肌への負担は少なく、施術後に肌ケアは行ってもらえますが、万一肌トラブルが起きた時に担当するスタッフはドクターではない、ということも、脱毛サロンの脱毛では気になるところかもしれません。

医療脱毛クリニックの場合

医療脱毛は、高い出力のレーザーでメラニン色素を破壊していきながら毛を抜きます。レーザーは光がまっすぐ同じ波長で進んでいくので毛根まで届きやすく、高い脱毛効果が期待できます。

毛根まで届いた光は、毛を再生させる毛乳頭を破壊しますが、この方法は医療行為として扱われていますので、医師による施術を受けることが可能というところも安心です。

初回クリニックに来店した時には、院長や担当する医師と対面でカウンセリングを受けることになります。不安点などをしっかり相談できるので、安心して脱毛を受けることができます。

医療脱毛クリニックでVIOライン脱毛するメリット

医療脱毛クリニックでは医療専用のレーザー機器を使用するため、施術1回での高い脱毛効果が期待できます。機器の出力が高いことで、脱毛が完了するまでの期間も短いですし、途中で肌トラブルが起きてしまった場合でも、医師が常駐しているので安心です。

医療脱毛クリニックでVIOライン脱毛するデメリット

医療脱毛クリニックは高い脱毛効果が期待できる分、料金も高めの設定です。医療脱毛クリニックでの脱毛は、健康保険適用外の自由診療を受けることになりますので、脱毛サロンより2倍以上高い費用がかかるという点が、デメリットとして挙げられるでしょう。

また、脱毛サロンの施術よりも痛みが強いため、麻酔を使って行う場合には毎回3,000円程度の追加料金が発生することもあります。特にVIOラインは皮膚が柔らかい場所なので痛みを感じやすいといわれていますが、医療脱毛クリニックで使っている機器の種類によっても異なるため一概にはいえません。

中には早く施術を終了させることを重視した、スピード型の脱毛器を使用している医療脱毛クリニックもありますので、カウンセリングの際にどのような機器と方法で施術を行うのか、確認するとよいでしょう。

VIOライン脱毛する場所の選び方

入浴

脱毛による効果が実感できるようになるまでは、脱毛サロンと医療脱毛クリニックで差はあるものの、いずれにしてもある程度の時間は必要です。ではどちらでVIOライン脱毛を受けるのか、何を基準に判断していけばよいか確認しておきましょう。

VIOライン脱毛する場所の選び方①脱毛方法

脱毛サロンで使用する機器は、医療用ではなく出力が低いものなので、医療資格を持っていないスタッフでも扱うことができるものです。医療用で出力が高い機械を使った脱毛を受けたいなら、医療脱毛クリニックを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンで行う施術にもいろいろあり、IPL脱毛やSSC脱毛という方法であれば、安全で痛みが少ないと言われています。

医療脱毛クリニックで使用する機器にも種類があり、色素の濃い毛の脱毛に最適な機械もあれば、産毛や白髪でも脱毛可能な機械、また、肌が日焼けしていても脱毛が可能な機械などいろいろです。

肌や毛の質によって機械を使い分けることができるように、2~3種類の医療脱毛機器を導入している医療脱毛クリニックなら、効率よくVIOラインの脱毛を完了させることができるでしょう。

VIOライン脱毛する場所の選び方②料金

脱毛サロンの場合、大手でチェーン展開しているサロンもあれば、個人で経営しているところもあるなど、規模は様々です。そのため、料金体系はサロンの規模によって異なることが多いですが、医療脱毛クリニックよりはかなりリーズナブルな設定です。

これに対し、医療脱毛クリニックは保険適用外の自由診療を受ける形になるため、料金は割高であることが多いといえます。

VIOライン脱毛する場所の選び方③痛みの強さ

個人差はあるものの、脱毛サロンで施術を受けても、あまり痛みを感じないということが多いようです。特にIPL脱毛やS.S.C.脱毛は、痛みも少なく安全な施術として人気です。

医療脱毛クリニックの場合、毛穴までしっかりと強い出力で光が届くことになるため、痛みを強く感じてしまう可能性があります。特にVIOラインは顔の次に痛みを感じやすい部分といわれています。しかし有料でも麻酔を使用できるのは医療脱毛クリニックだからこそともいえるでしょう。

VIOライン脱毛する場所の選び方④通いやすさ

脱毛サロンの場合、長期に渡り通うことになるため、職場や住む場所が変わったとしても継続して施術を受けることができるかを確認しておきましょう。

大手チェーンのサロンの場合、全国各地にサロンがあることが多いですが、引っ越し先の店舗移動ができるのか確認が必要です。個人経営の脱毛サロンの場合、引っ越しなどがあると通えなくなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

医療脱毛を希望する場合も、クリニックの場所が通勤や通学、自宅周辺などにあり、通う時に不便を感じない場所なのか確認しておくと安心でしょう。

VIOライン脱毛する場所の選び方⑤予約の取りやすさ

大手チェーンの脱毛サロンの場合、会員サイトやスマホアプリで次回の予約を簡単に取ることができて大変便利です。わざわざ電話連絡を入れるのは煩わしさを感じるという場合でも、ネット上で予約が完結してしまうので効率的です。仕事の休憩中などにポチッとVIOラインの脱毛が予約できるといいですよね。

医療脱毛の場合でも、医療脱毛クリニックへ最低5~6回は通うことが必要です。クリニックのほとんどは都心部に集中していますし、チェーン展開しているクリニックは少なく、院数が少ないので予約が取りにくい状況といえます。また、電話予約が必須というクリニックが多い上に、土日祝を休診にしていることが一般的なため、仕事が休みの日に行きたいのに……と、働いている方からすると不満を感じることもあるようです。

▶︎VIOラインを脱毛する

VIOライン脱毛する時の注意点

アロマ

VIOライン脱毛を行うなら、施術を行う前後に決めておいたほうが良い点や、注意しておくべき点を確認しておきましょう。

VIOライン脱毛する時の注意点①Vラインの形を決めておく

Vラインの毛は太くて量も多いため、無毛にするのか、それとも自然に残したいのかによって脱毛の回数が変わります。どのような形にするのか事前にある程度決めておくとスムーズですが、まずは自然に残してだんだんと毛量を減らしていきたいという場合には、1~3回目に全照射を行うことで調節することができます。

VIOライン脱毛する時の注意点②施術後は数日間シャワーにする

VIOライン脱毛の施術を受けた後は、すぐに入浴しても大丈夫だという場合もあるようですが、血行が良好になりすぎてしまわないように、軽くシャワーだけですませたほうがよいといわれることが多いようです。また、同様にサウナを控えるようにいわれることもあります。

そのため、いずれにしても脱毛した当日はさっとシャワーだけ浴びる程度にしておいたほうが無難だと言えるでしょう。念のため、数日間はシャワーにしたほうがさらに安心です。

また、不特定多数が利用する温泉やプールは、雑菌が多く施術した部分に影響する可能性もありますので、避けたほうがよいでしょう。

VIOライン脱毛する時の注意点③ハイジニーナ脱毛にするかどうか考える

アンダーヘアが全くない状態を「ハイジニーナ」といいます。「ハイジーン(衛生的)」という言葉から付けられた名称であり、毛がないことによって衛生的な状態を保つことができることを意味しています。外国の女性の中ではハイジニーナが主流のようです。

しかし、温泉などでツルツルの状態を見られるのは恥ずかしいという理由から、ハイジニーナを選択する人は、日本ではまだ少数です。とはいえ、蒸れや臭いなどがなく、トイレの後や生理中などの不快感も軽減されますので、アンダーヘアの量によるトラブルで悩んでいる人は検討してみてもよいかもしれません。

VIOライン脱毛を受けられない人

妊娠した女性

VIOライン脱毛は、非常にデリケートな部分の毛を抜く作業になるため、場合によっては施術を受けることができない人もいます。どのような状況の場合に施術が難しいのかを確認しておきましょう。

妊娠中はVIOライン脱毛を受けられない

妊娠中は体調を崩しやすい上に、ホルモンバランスも崩れやすい状態です。光脱毛やレーザー脱毛は、いずれも妊婦には影響を与えないといわれているものの、確実に安全かまでは確認できません。

万一、妊婦自身やお腹の赤ちゃんにトラブルがあった場合は大変なことになりますので、妊娠中は脱毛の施術はできないところがほとんどです。

なお、妊娠などを理由に一時休会したい場合、休会制度が設けられているか確認しておくと安心でしょう。

▶︎脱毛を受けられない人は?


脱毛サロンでVIOライン脱毛を行う場合、初回の料金は安くても脱毛効果が低めなので、脱毛サロンへ通う期間は長くなります。脱毛が完了するまで、長くて3年くらいかかることもありますし、脱毛効果に満足できないことで追加料金が発生する可能性もあると理解しておきましょう。
医療脱毛クリニックの場合は、高い効果が期待できる上に通う期間も短くて済みます。ただし、脱毛サロンでは感じなかった痛みを感じることもありますし、費用面でも脱毛サロンより高めの設定です。
どちらもメリットとデメリットといえる部分がありますので、総合的にどちらがよいか判断していくことが必要といえるでしょう。