脱毛の専門サイト

部位別の脱毛

お腹脱毛の基礎知識。お腹脱毛のメリットとデメリット

By 三上 礼

お腹のムダ毛が気になっているけれど、お腹脱毛についてあまり知識がない方は多いと思います。腕や足の脱毛情報はよく耳にするけれど、お腹の脱毛に対して知識がある方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。今回は、お腹のムダ毛で悩んでいる方に向けて、お腹脱毛の基礎知識について詳しくご紹介をします。お腹脱毛が初心者の方は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎脱毛の基本を確認

【お腹脱毛の基礎知識①】お腹脱毛とは?

お腹脱毛

お腹周りのムダ毛を気にしている方はいませんか。お腹周りのムダ毛は意外と他人から見られています。例えば、温泉に入るとき、ジムの更衣室で着替える時、夏に海やプールへ行く時など、お腹が他人の目に触れることは少なくありません。
また、お腹周りは肌が敏感ということもあり、処理に困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お腹のムダ毛を気にしている方に向けて、お腹脱毛について詳しくご紹介をしていきます。

まず、お腹の脱毛方法は2つあります。もちろん自己処理もありますが、他に、脱毛サロンと医療脱毛クリニックでの脱毛方法が一般的です。

【お腹脱毛の基礎知識②】お腹脱毛はこんな人におすすめ

水着の女性

お腹脱毛がおすすめなのは、下記のような人です。

①水着を着る予定がある
②自己処理で肌トラブルになったことがある

それぞれ詳しくご紹介をしていきます。

お腹脱毛がおすすめな人①水着を着る予定がある

ワンピースタイプの水着でなく、ビキニを着ることになるとお腹は丸見えですよね。特に、プールや海に行く予定がある方は、お腹のムダ毛を処理しましょう。せっかくお気に入りの水着を着ているのに、お腹のムダ毛があるだけで可愛さが半減してしまいます。

プールや海水浴などは、意外と男性も女性も周りを意識しています。お腹のムダ毛が目立ってしまうことで、男性からのイメージダウンはもちろん、女友達からも引かれてしまうかもしれません。

水着を着る予定がある人は、腕や足、脇だけでなく、お腹のムダ毛までしっかりとケアするようにしましょう。

お腹脱毛がおすすめな人②自己処理で肌トラブルになったことがある

実は、お腹周りは肌が敏感なので、肌トラブルが生じやすい部分です。女性の中に、手や足と同様にお腹周りもカミソリで剃る方がいますが、肌に大きな負担をかけているので注意しましょう。

また、自己処理はどうしても色々な情報から見よう見まねのものとなります。そのために、間違った方法での自己処理で、お腹の肌を傷つけてしまうといったことが起こりやすいのです。

つるつるの綺麗なお腹を手に入れるために脱毛をしたのに、肌トラブルを起こしてしまい汚い肌になってしまったら意味がありません。

自己処理で肌トラブルになったことがある人や、自己処理が少しでも不安な方はお腹脱毛をおすすめします。

【お腹脱毛の基礎知識③】お腹脱毛のメリット

水着の女性

お腹脱毛のメリットは、

①海やプールを楽しめる
②妊娠した時など、病院で恥ずかしくない
③自己処理による肌トラブルを回避できる

の3つです。それぞれ詳しくご紹介をしていきます。

お腹脱毛のメリット①海やプールを楽しめる

お腹脱毛をして綺麗な肌を手に入れると、自分に自信がもてます。どうしてもプールや海に行くと、お腹のムダ毛が気になってしまうこともあるかと思います。

お腹のムダ毛は、自己処理だと剃り残しがあることも多く、また肌トラブルの発生リスクも高いです。シェーバーなどを使って自己処理する場合にはどうしても傷がついてしまうので、自己流でのムダ毛処理はあまりおすすめできません。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでお腹脱毛をすれば、ムダ毛のない綺麗なお腹を手に入れられるので、海やプールに行くことになっても焦らずに済みますよ。

お腹脱毛のメリット②妊娠した時など、病院で恥ずかしくない

お腹のムダ毛が気になる場面と言えば、妊娠した時など病院でお腹を見せる時です。

病院では、仕事とはいえ医師や看護師にお腹を見られます。特に、妊娠した時は、定期的にお腹を見せる機会があるので、ムダ毛があると恥ずかしい思いをしてしまいます。他には、風邪をひいたり腹痛があったりする場合の診察でお腹を見せることもあり、恥ずかしい思いをしてしまった経験のある方も少なくないでしょう。

妊娠して毎回お腹のムダ毛を見られるのが嫌だと思う方は、なるべく早めに脱毛を済ませておきましょう。お腹の脱毛にかかる期間は長いため、妊娠してから脱毛が受けられないなんてことにならないよう、計画的に脱毛をスタートさせることが大切です。

お腹脱毛のメリット③自己処理による肌トラブルを回避

自己処理は、肌に負担がかかるし、傷がつきやすいために、肌トラブルが生じやすくなります。自分でムダ毛を処理するのではなく、お腹脱毛をすることで、肌トラブルを少なくすることができます。

お腹脱毛では、専用の保湿クリームを利用しながら、脱毛のプロによる施術を受けることができます。また、医療脱毛クリニックでは、医師監修の元で施術を受けることができ、なんらかの肌トラブルなどが生じた場合は、速やかに皮膚科医が医療的措置をとってくれます。

なるべく肌トラブルを回避したいと思う方は、お腹脱毛がおすすめです。

【お腹脱毛の基礎知識④】お腹脱毛のデメリット

悩む女性

お腹脱毛のデメリットは、

①産毛が薄いと硬毛化する
②毛囊炎(もうのうえん)の恐れがある
③増毛化の恐れがある

の3つです。それぞれ詳しくご紹介をしていきます。

お腹脱毛のデメリット①産毛が薄いと硬毛化する

お腹脱毛をすると、産毛が薄い場合はごく稀に硬毛化が発生してしまいます。

硬毛化とは、簡単にいえば毛が硬くなったり、濃くなったりすることを指します。硬毛化の原因は、医学的に解明されていません。基本的に体毛というのは、色々な毛質の毛が生えてくることが前提であるためです。

一方で、一般的に硬毛化の原因として考えられているものがあります。それは、レーザー照射によって、薄い産毛の毛根が活性化されてしまったというものです。

お腹脱毛は、脱毛サロンでも医療脱毛クリニックでも原理は同じです。脱毛の原理は、レーザー照射によって、毛根にダメージを与え破壊していくことです。

硬毛化の原因として考えられているのは、薄い産毛だと毛根が生き残るために、逆に毛根が活性化されてしまい、硬毛化になる場合があるといったものです。

硬毛化は、医療脱毛クリニックなどのHPなどで紹介されていますが、ごく稀に起こる症状ですし、もし発生したとしても同じく脱毛すれば解消することができるので、あまり心配する必要はありません。

お腹脱毛のデメリット②毛囊炎(もうのうえん)の恐れがある

お腹脱毛に限らず、脱毛をすると、毛囊炎(もうのうえん)の発生リスクが出てきます。

毛囊炎とは、ニキビのようなブツブツが肌に出てくる皮膚疾患の1つです。「毛囊」と呼ばれる毛根を包んでいるものに炎症が起きてしまった状態のことを指します。

毛囊炎の症状は、患部を触るとヒリヒリとした痛みを感じたり、かゆみなどが生じたりする場合があります。

注意して欲しいのが、ニキビと勘違いをしてしまうことです。脱毛直後に、ニキビのようなブツブツが肌にできてしまったら、皮膚の専門家に相談しましょう。

とはいっても、毛囊炎の発生するリスクはあまり高くありません。万が一なってしまったとしても、しっかり治療することが可能です。程度によっては、病院からステロイド剤などを処方してもらうことができるので安心してください。

お腹脱毛のデメリット③増毛化の恐れがある

増毛化に関しても、お腹脱毛に限らず、脱毛全般に言えることです。増毛化は、硬毛化と同様のメカニズム・原因です。

増毛化・硬毛化に関しては、ほとんどの脱毛サロンや医療脱毛クリニックで無料保証がついています。もし増毛化・硬毛化が発生しても、しっかりサポートしてくれる保証です。

一般的には、1年間保証が多いようです。もし増毛化や硬毛化などが発生したら、無料保証制度を活用して、肌が綺麗になるまでしっかりサポートしてもらいましょう。

【お腹脱毛の基礎知識⑤】お腹脱毛の範囲は?

お腹脱毛を受ける女性

お腹脱毛の範囲は、

・お腹
・へそ周り

の2つに分けられます。それぞれ詳しくご紹介をします。

お腹脱毛の範囲①お腹

お腹脱毛は、一般的にはアンバーバストからへそ下までを施術します。お腹といっても部位によって、毛質が変わります。そこで、お腹脱毛は、「お腹」と「へそ周り」の2つに分けるのが一般的です。もちろん、脱毛サロンや医療脱毛クリニックのそれぞれの店舗によっても変わります。

お腹は、触ってみるとわかる通り、柔らかく肌が比較的敏感な部位です。そのため、丁寧な施術とともに、アフターケアもしっかりする必要があります。

お腹脱毛の範囲②へそ周り

へそ周りは、お腹の中でも毛が濃い傾向にあります。女性の中でもへそ周りの毛に悩んでいる方は多いですよね。お腹の中でも、濃い毛を脱毛したいといった方に、へそ周りの脱毛はおすすめです。

しかしお腹脱毛を検討している多くの方は、へそ周りだけではなくお腹全体をしようと考えていると思います。

脱毛サロンと医療脱毛クリニックの店舗によっては、お腹全体のコースにへそ周りが含まれているものもあります。へそ周りだけではなく、お腹全体を脱毛したい方は、全体を含んだ脱毛コースを展開している脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選びましょう。


今回は、お腹脱毛について詳しくご紹介しました。お腹は他の部位と比較しても、デリケートな部位です。そのため、自己処理は肌トラブルの原因となります。お腹のムダ毛が気になっている方は、見よう見まねの自己処理ではなく、脱毛の専門家を頼って、綺麗な肌を手に入れましょう。つるつるの肌を手に入れるには時間がかかるので、お腹のムダ毛が気になっている方は、ぜひこの機会に脱毛サロンや医療脱毛クリニックへ問い合わせてみてはいかがでしょう。