脱毛の専門サイト

基礎知識

妊婦さん&ママ必見!出産後はいつから脱毛できる?

By 深井麻実

妊娠中は脱毛を受けられませんが、出産後はいつから脱毛を始めても良いのでしょうか。ここでは、脱毛を開始できる時期など、出産後の脱毛についてご紹介します。

妊娠中は脱毛NG!

妊婦

妊娠中でも、ムダ毛が気になったり、契約途中だったりすると、脱毛を受けたいと思います。特に、妊娠後期はプロラクチンというホルモンの分泌量が増加して、お腹やVラインなどムダ毛が増えるので、脱毛したいと考える人は多いです。

また、以前に脱毛を終えた人でも、プロラクチンの影響で妊娠後期になるとムダ毛が生えてくることがあります。脱毛を終えても、ムダ毛が目立ってきたら、赤ちゃんが産まれて子育てに時間を取られる前に再び脱毛したいと思う人もいるでしょう。

しかし、妊娠中は基本的にどの脱毛サロンや医療クリニックでも脱毛を受けられません。

妊娠中に脱毛できない理由

脱毛には肌の表面だけに影響を与える光やレーザーを使うため、妊娠中に脱毛してしまっても赤ちゃんに影響はありません。しかし、次のような理由で妊娠中の脱毛は禁止されています。

■肌トラブルを起こしやすい
妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを育てたり、出産したりするために、ホルモンバランスが大きく変化します。女性ホルモンは皮脂の分泌などに関係しているため、妊娠してホルモンバランスが変わると、肌が敏感になる人が多いです。

妊娠中、肌が敏感になっている時に脱毛を受ければ、やけどや炎症などの肌トラブルを起こしたり、強い痛みを感じたりすることがあります。肌トラブルや痛みはストレスにつながるため、妊娠中に何度も脱毛を続けていると、出産や授乳に影響が出る可能性があるのです。

■体に負担がかかる
脱毛の施術を受ける時は長時間同じ姿勢でいなければなりません。妊娠中は血行が悪くなりやすいので、長時間同じ姿勢でいると、体に負担がかかって痛みなどを感じることがあります。

■施術中に気分が悪くなることがある
つわりの症状がある時は臭いに対して敏感になります。妊娠前には気にならなかった薬品の臭いなどに反応すると、吐き気などが出てしまうことがあるので、つわりに苦しんでいる時はゆっくりと過ごす方が無難です。

■効果が現れにくい
妊娠後期はプロラクチンの分泌量が増加して体毛が増えます。プロラクチンによって体毛が増えている時は脱毛をしても、効果が現れないことが多いので、脱毛はおすすめできません。

契約途中で妊娠した場合の脱毛サロン・医療クリニックの対応

脱毛サロンや医療クリニックでプランを契約している途中で妊娠した場合は、施術を中断します。

■休止制度を利用する
ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックは妊娠から脱毛再開までを契約期間から省く休止制度があります。

休止制度を利用するために必要な手続きや、休止制度を使える期間の長さは脱毛サロンや医療クリニックによって違うので、妊娠がわかったら早めにスタッフへ相談しましょう。

■有効期限が長いプランや無期限のプランもある
脱毛サロンや医療クリニックのプランによっては、有効期限が長めに設定されていたり、無期限だったりすることもあります。

有効期限が長いプランや無期限のプランは特別な手続きなしで施術を中断できる可能性があるので、妊娠したら契約内容を確認することも大切です。

出産後の脱毛はいつから始められる?

赤ちゃんと女性

出産後に脱毛を新規契約したり、中断していた脱毛を再開したりしたい場合は、いつから施術を受けられるのでしょうか。

施術を再開できる時期は脱毛サロン・医療クリニックによって違う

出産後、施術を再開できる時期は脱毛サロンや医療クリニックによって違います。

■脱毛を再開できる時期の例
・出産後、1回目の生理が来たあと
・授乳が終わった後
・卒乳後もしくは断乳後、生理が規定回数(1~3回)来たあと

■出産後、生理が来るのはいつ?
多くの脱毛サロンや医療クリニックでは、出産後、規定回数の生理が来てから脱毛を再開できます。では、出産後、生理が再開されるのはいつなのでしょうか。

生理が再開される時期は人によって違いますが、出産後7~8ヶ月で1回目の生理が来る人が多いです。一般的には、母乳で育てている人の方が生理が始まるまでの期間が長く、母乳以外で育てている人の方が生理再開のタイミングが早いと言われています。

母乳で育てていない人は、出産後2~4か月で生理が始まる人も多いですが、母乳で育てている人は出産後1年経ったころに生理が再開する人も珍しくありません。

脱毛再開の時期は脱毛サロンや医療クリニックで確認しておこう!

脱毛を再開できる時期は脱毛サロンや医療クリニックによって違うので、一概に「出産〇か月後から脱毛できる」と言い切ることはできません。

脱毛を契約中の人は、あらかじめ、通っている脱毛サロンや医療クリニックに、脱毛再開のタイミングを聞いておきましょう。出産後、脱毛を始めようと考えている人は、施術開始前の無料カウンセリングや電話などで相談しておくと安心です。

授乳中の脱毛は危険?

赤ちゃんを抱っこする女性

脱毛サロンや医療クリニックによっては、生理が規定回数来ていれば、授乳中であっても脱毛を再開できます。しかし、授乳中に脱毛すると、赤ちゃんやお母さんの体に影響があるのではないかと心配する人も多いです。

授乳中に脱毛を受けた場合、赤ちゃんやお母さんの体に何らかの悪影響は及ぼされるのでしょうか。

授乳中に脱毛しても赤ちゃんへの大きな影響はない

現在のところ、授乳中に脱毛を再開しても赤ちゃんに対して悪影響が及ぼされることはないと考えられています。

■脱毛は肌の表面のみに作用する
脱毛では、肌の表面にある黒い色にだけ反応する光やレーザーが使われています。そのため、脱毛が影響を与えるのは、肌の浅い部分です。脱毛を受けても、体の内部や母乳を作る器官に影響は与えられないので、授乳中に脱毛を受けても赤ちゃんに悪影響は及ぼされないと言われています。

授乳中の脱毛でストレスを感じる可能性はある

授乳中はまだ、ホルモンバランスが妊娠前と同じような状態に戻っていないため、肌が敏感なことが多いです。よって、授乳中に脱毛を受けると、肌荒れを起こしたり、強い痛みを感じたりすることはあります。

肌荒れや強い痛みが大きなストレスとなると、母乳が出にくくなる可能性も否定できないので、心配な人はスタッフに相談してみると良いでしょう。

授乳中の脱毛は効果が現れにくい?

授乳中はまだ、体毛を増やすプロラクチンの分泌量が多いため「脱毛を再開したけれど、妊娠前と比べてムダ毛が減らない」と感じる人もいます。

脱毛効果の現れ方には個人差があるので、しっかりと脱毛したい人は、脱毛サロンや医療クリニックのスタッフに効果について確認してみることをおすすめします。

帝王切開後は脱毛できる?

お腹でハートを作る女性

普通分娩で赤ちゃんを産んだ後は、規定回数生理が来たり、授乳が終わったりすると脱毛できますが、帝王切開で赤ちゃんを産んだ場合も、脱毛を再開できるのでしょうか。

傷痕部分は脱毛できない

帝王切開で傷ができた場合、ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは、傷痕部分は脱毛を受けられません。傷痕は色素沈着していることが多いので、やけどや炎症などの肌トラブルを起こしやすく、危険を避けるために脱毛が認められていないのです。

帝王切開した部分の周りを脱毛する場合は、傷口を医療用テープなどで隠して施術を受けることになるでしょう。

傷痕以外の脱毛を再開できる時期

帝王切開で出産した場合も、傷痕以外は脱毛を受けられます。傷痕以外を脱毛する場合は普通分娩と同じように、規定回数生理が来たり、授乳が終わったりしてから、施術を再開できることが多いです。

ただし、傷口が安定していない場合は、規定回数生理が来たり、授乳が終わったりしていても脱毛が認められません。脱毛によって傷が悪化してしまうこともあるので、帝王切開で出産した人は脱毛サロンや医療クリニックのスタッフと産婦人科の担当医に相談してから、脱毛を受けましょう。

出産後の脱毛は医療クリニックがおすすめ!

医療クリニックの女医

脱毛は脱毛サロンやエステでも受けられますが、出産後に脱毛を始めたり、再開したりする場合は、医療クリニックで施術を受けるのがおすすめです。

医療クリニックでは医療従事者に脱毛してもらえる

医療クリニックでは、看護師や医師に脱毛の施術をしてもらえます。看護師が施術を受ける場合も、事前に医師の診察を受けられることが多いので、脱毛に関する不安を医師に相談できるでしょう。

出産後、肌状態がデリケートになっていても、医学的立場からアドバイスをもらえれば、安心して施術を受けられます。

万が一、脱毛でトラブルが起こった場合は、すぐに処置してもらえる

万が一、脱毛によってやけどや炎症などの肌トラブルガ起こった場合も、医療クリニックでは速やかに適切な治療を受けられます。肌トラブルの治療開始までに時間がかからないので、やけどや炎症の症状が重くなったり、傷痕が残ったりする可能性も低いでしょう。

脱毛サロンから医療クリニックに乗り換えるのがおすすめ

妊娠前に脱毛サロンで脱毛していた人は出産後、医療クリニックに乗り換えるのがおすすめです。

医療クリニックのレーザー脱毛は脱毛サロンの光脱毛と比べて一回当たりの効果が高く、脱毛終了までの施術回数が少ないので、忙しい子育て中でも無理なく施術に通えます。

また、脱毛サロンから医療クリニックに乗り換えると、お得な乗り換え割を利用できることも多いです。

出産後に脱毛サロンで脱毛するなら、産婦人科の担当医にも確認

出産後の脱毛は医療クリニックで受けるのがおすすめですが、通いやすい範囲に医療クリニックがなかったり、料金が高かったりすると、医療クリニックで脱毛を受けにくいです。

しかし、基本的に医療従事者がいない脱毛サロンでは、肌状態の見極めやホルモンバランスによる体毛の変化への対応が難しいと考えられています。

出産後、どうしても脱毛サロンで脱毛したい場合は、脱毛サロンのスタッフだけでなく、産婦人科の担当医にも相談してから脱毛を受けましょう。肌状態や体への負担などの心配事がある場合は、しっかりと体調を整えてから脱毛を受けるのがおすすめです。


出産後、脱毛を始められる時期は脱毛サロンや医療クリニックによって違います。出産や子育てで疲れた体に負担をかけないためにも、脱毛は体調が整ってから始めたり、再開したりするのが良いでしょう。