脱毛の専門サイト

基礎知識

脱毛の失敗例から学ぶ!脱毛サロンや医療脱毛クリニックの選び方

By 深井麻実

脱毛でツルツルの肌を手に入れた人がいる一方で、脱毛で失敗したと感じている人もいるようです。ここでは、脱毛の失敗例や失敗の原因、脱毛で失敗しないための方法についてご紹介します。

▶︎脱毛初心者必見!

【目次】

脱毛で失敗することもある!

注意する女性

ムダ毛のないツルツルの肌を手に入れたいと考えている人から人気を集めているのが脱毛です。脱毛は成功すれば自己処理が楽になったり、自分に自信を持てたりとさまざまなメリットがありますが、中には脱毛に失敗して後悔している人もいます。

脱毛の失敗はどうして起こってしまうのでしょうか。失敗例から原因や脱毛に失敗しないための対策について考えてみましょう。

脱毛の失敗例

ショックを受ける女性

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛をして失敗した人の経験から、代表的な失敗例を確認してみましょう。

脱毛の失敗例①やけどの跡が残った

脱毛では、メラニン色素に反応する光やレーザーを照射して熱を発生させ、毛根にダメージを与えることによって抑毛を促進します。したがって、脱毛すると、肌は軽度のやけどを負った状態になりますが、通常はやけどの程度はかなり軽いため、大きな問題にはなりません。

しかし、脱毛効果を高めるために光やレーザーを強くしたり、古い脱毛器を使ったりすると、必要以上に熱が発生してやけどなどのトラブルが起こることがあります。

また、日焼け肌などのメラニン色素が多い肌に光やレーザーを当てて脱毛した場合も、熱が発生しすぎてやけどにつながります。やけどの程度が酷ければ、長期間に渡って跡も残ってしまうでしょう。

脱毛の失敗例②硬毛化、増毛化

「脱毛したのに、毛が太くなったり増えたりした」という失敗もあります。脱毛で毛が太くなったり増えたりするのは、硬毛化や増毛化というトラブルで、細い毛を脱毛する時に起こりやすいと考えられています。

しかしながら、脱毛によって起こる硬毛化や増毛化の原因は詳しく解明されていません。そのため、適切な対策ができず、毛を薄くするために行った脱毛で逆に毛が目立ってしまった人もいます。

脱毛の失敗例③痛みが強すぎた

脱毛サロンで受ける光脱毛も医療脱毛クリニックで受けるレーザー脱毛も毛根に刺激を与えて抑毛するので、施術時は痛みを感じることが多いです。

通常は、耐えられる程度の痛みですが、肌が敏感な人や痛みに弱い人は痛みに耐えられず、脱毛を続けられないこともあります。

脱毛の失敗例④費用が高すぎた

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛は安くありません。そのため、多くの人はキャンペーンなどが実施されている安い脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選びます。

しかし、キャンペーンなどに釣られて料金を詳しく確認せずに、脱毛を契約すると、予定以上にお金がかかることがあります。「1回目は安かったけれど、2回目以降は割高だった」ということも多いようです。脱毛をする時にはあらかじめ予算を決めておくのが大切です。

脱毛の失敗例⑤勧誘が激しかった

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛する場合、脱毛で来店するたびに他のプランなどに勧誘されることが珍しくありません。勧誘を上手に断れれば良いですが、勧誘のままに他のプランを契約してしまうと、契約後に費用がかさんでしまって後悔することも多いでしょう。押しに弱い人や断るのが苦手な方は、脱毛に通うたびに嫌な思いをしてしまうことも。

脱毛の失敗例⑥脱毛サロンや医療脱毛クリニックが倒産した

脱毛中に脱毛サロンや医療脱毛クリニックが倒産すると、脱毛を続けられません。「全部の費用を一括で支払った後に脱毛サロンが倒産して施術を受けられなかった」という失敗をした人もいます。

脱毛の失敗例⑦脱毛効果がわからなかった

脱毛の効果の現れ方には個人差があります。効果が現れにくい場合、一年以上脱毛を続けているのに、効果を実感できず「失敗した」と感じる人もいるようです。

脱毛の失敗例⑧脱毛しすぎた

脱毛を進めると、少しのムダ毛も気になることがあります。ムダ毛が嫌だからと、必要以上に脱毛を繰り返した結果、脱毛しすぎて失敗したという声も聞かれます。

特に、うなじなどは脱毛しすぎると不自然に見えるので、脱毛しすぎて失敗したと感じる人が多いようです。

脱毛の失敗例⑨予約を取れず、脱毛が進まない

人気の脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、多くの人が脱毛しているので、希望通りに予約を取れないことも多いです。

脱毛は毛の生え替わりに合わせて施術を繰り返すことで徐々に毛根にダメージを与えますが、理想的な間隔で施術を受けられなければ、効果を実感するまでに時間がかかります。

脱毛の失敗例⑩予想以上に脱毛期間が必要だった

脱毛は施術を繰り返すことで少しずつ、毛の量を減らします。そのため、短期間で効果を実感するのは難しいです。

自己処理が不必要になるまで脱毛したければ、脱毛サロンで約2年間、医療脱毛クリニックで約1年間の期間が必要なので、予定以上に時間がかかって後悔する人もいます。

特に、結婚式などにイベントに合わせて脱毛した人は「イベントまでに十分な脱毛効果を得られなかった」と感じる人も少なくありません。

脱毛で失敗する原因

悲しむ女性

このように、脱毛にはさまざまな失敗例がありますが、脱毛で失敗してしまうのは、どうしてなのでしょうか。失敗の原因を考えてみましょう。

脱毛を失敗する原因①脱毛サロン・医療脱毛クリニック選びを間違えた

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの選び方を間違えると、脱毛に失敗するリスクが高まります。

■安さに釣られた
「料金が安い」という理由だけで、脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶのは危険です。もちろん、料金が安くても良い脱毛サロンや医療脱毛クリニックは存在しますが、他の面を確認せずに脱毛する場所を選べば、後悔する可能性があります。

「料金が安いと思ったら、使用されている脱毛器が古かった」などということもあるので、安さだけで脱毛する場所を選ぶのはやめましょう。

■評判を確認しなかった
「予約を取りやすい脱毛サロンです」などと公式ホームページに書かれている場合でも、実際は予約を取りにくい可能性もあります。脱毛を受けた人の評判を確認せず、脱毛サロンや医療脱毛クリニックが提供している情報だけを信じるのはやめた方が良いでしょう。

脱毛で失敗する原因②脱毛の情報を集めなかった

料金や期間、回数など脱毛に関する情報を十分に集めなかった場合も、脱毛に失敗する可能性があります。情報を集めていなければ、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行ったときに勧誘に惑わされたり、イベントまでに脱毛が間に合わなかったりすることも多いでしょう。

また、契約前に脱毛サロンの経営状況を調べていなければ、倒産の可能性についても考えられません。

脱毛を失敗させない脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方

チェックポイントと女性

脱毛を失敗させないためには、良い脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶことが大切です。では、良い脱毛サロンや医療脱毛クリニックはどうやって選べば良いのでしょうか。

失敗しない脱毛の選び方▶︎脱毛前に何に重点を置くか決めておく

脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ時は、値段、通いやすさ、施術の効果、痛みなどさまざまなポイントを考慮しなければなりません。しかし、すべての希望を満たす脱毛サロンや医療脱毛クリニックを見つけるのは難しいです。

そのため、脱毛を契約する前には何に重点を置いて脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶのかを決めておきましょう。例えば「できるだけ安く脱毛したい」などと決めておくと、脱毛サロン選びに迷った時に自分に合った方を選択しやすいです。

失敗しない脱毛の選び方▶︎脱毛にかかる費用は総額で考える

脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ時は、脱毛にかかる総額を考えましょう。追加費用が不安な場合は、契約時の費用だけで脱毛を終えられる脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選べば、無理なく脱毛を続けられます。

失敗しない脱毛の選び方▶︎脱毛サロンや医療脱毛クリニックの口コミを見る

脱毛を契約する前には、口コミの確認も必要です。「照射不足があった」「やけどした」「長期間効果が現れなかった」などの口コミが多い脱毛サロンや医療脱毛クリニックは、料金が安くても避けた方が良いでしょう。

失敗しない脱毛の選び方▶︎予約を取りやすい脱毛サロンや医療脱毛クリニックを探す

脱毛の効果を高めるためには、毛の生え替わりに合わせて理想的な間隔で脱毛を受けることが大切です。予約を取れなければ、施術の間隔が空いて脱毛を進められないので、予約を取りやすい脱毛サロンや医療脱毛クリニックを探しましょう。

24時間ネット予約できたり、ベッド数が多かったりする脱毛サロンや医療脱毛クリニックは予約を取りやすい可能性が高いです。

失敗しない脱毛の選び方▶︎脱毛前のカウンセリングでスタッフの対応を確認

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、脱毛前に無料でカウンセリングを受けられます。そのため、どこで脱毛を受けようか迷った場合は、カウンセリング時のスタッフの対応を確認するのがおすすめです。

脱毛に関するリスクやデメリットを教えてくれたり、質問に丁寧に答えてくれたりする脱毛サロンや医療脱毛クリニックは安心できるでしょう。

失敗しない脱毛の選び方▶︎痛みが心配な人は脱毛方法を知っておく

脱毛の痛みが心配な場合は、ハイパースキン法などの痛みが少ない施術を行っている脱毛サロンを探しましょう。

なお、医療脱毛クリニックでの脱毛は脱毛サロンでの脱毛と比べて痛みが強いと言われていますが、麻酔を使用してもらえることもあります。

失敗しない脱毛の選び方▶︎脱毛で失敗した時の対応も確認する

万が一、脱毛でやけどや硬毛化、増毛化などのトラブルが起こったら、皮膚科で診察を受けなければなりません。肌トラブルが心配な場合は、脱毛による肌トラブルの診察料が無料な医療脱毛クリニックなどを選んでおくと、不安を解消できるでしょう。

「硬毛化・増毛化が起こったら、無料で脱毛できる」などという保証がある脱毛サロンや医療脱毛クリニックもあるので、気になる人は確認しておきましょう。

脱毛を失敗しないためにはアフターケアや過ごし方の確認も大切

ボディクリームを塗る女性

脱毛を失敗したくない人は脱毛後のケアや過ごし方にも注意しましょう。

脱毛後は保湿する

脱毛後は肌が乾燥しやすい状態になっています。そのため、保湿ケアを怠ると、肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性が高いです。脱毛した日はいつも以上に保湿して、肌の潤いを守りましょう。

脱毛後の日焼けは避ける

脱毛後の肌はダメージを受けています。紫外線を浴びると、炎症や肌荒れを起こすことがあるので、脱毛後は日焼け対策を徹底しましょう。

日焼けを予防すれば、メラニン色素の過剰生成も防げるので、次の施術で痛みを感じたり、やけどを負ったりする可能性も低くなります。

脱毛した日は入浴・運動・飲酒はやめる

脱毛した日は湯船に使ったり、激しい運動をしたり、お酒を飲んだりするのはやめましょう。入浴や運動、飲酒で血行が良くなると、痛みや赤みなどの肌トラブルが現れやすくなります。


脱毛はツルツルの肌を目指す人に人気ですが、残念ながら失敗した経験がある人もいます。脱毛で失敗したくない人は、良い脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選び、脱毛後のケアや過ごし方に注意しましょう。

▶︎脱毛サロンやクリニックを探す