脱毛の専門サイト

自己処理

産毛は意外と目立つ!産毛の自己処理や注意点とは?

By 深井麻実

産毛は脇毛やアンダーヘアなどと比べて薄いですが、処理が不十分だと意外と目立ってしまいます。ここでは、産毛を自己処理する方法や注意点についてご紹介します。

処理不足に注意!産毛は意外と目立つ!?

顔に手を当てている女性

産毛は脇や腕、脚などに生えている太い毛と比べて目立ちにくいです。そのため、処理が不十分な人も珍しくありません。

顔や背中に生えている産毛は意外と目立ちます。日本人の肌は白っぽいので、茶色や黒の毛が生えていると、細く、短い毛でも目についてしまうのです。

特に、脇や腕、脚などのムダ毛処理を頑張っている人は産毛が目立ちやすいと言われています。他の部分がツルツルであれば、ムダ毛に視線が集まるので、接近戦で彼に驚かれてしまうこともあるでしょう。

ムダ毛処理を頑張っている人は、産毛の処理にも力を入れてもっときれいになりましょう。

産毛を自己処理するメリット

鏡を見る女性

産毛を自分で処理するメリットは、肌がツルツルになることだけではありません。顔などに生えていた産毛を自己処理すると、さまざまなメリットがあります。

産毛を自己処理するメリット①肌が明るく見える

白い肌に茶色や黒の産毛が生えていれば、肌は暗く見えてしまいます。一方、産毛を自己処理すれば、白い肌が活かされて、表情も明るく見えるでしょう。

産毛を自己処理するメリット②毛穴が目立たなくなる

毛穴よりも太い産毛が生えていれば、毛穴は大きく見えます。また、黒っぽい産毛が生えていると、毛穴が黒ずんで見えることもあるでしょう。

しかし、産毛を処理すれば、毛穴が大きく見えたり、黒ずんで見えたりすることを防げます。産毛がなくなれば、肌は光を反射するので、乾燥などで広がってしまった毛穴も目立たなくなるでしょう。

産毛を自己処理するメリット③化粧ノリが良くなる

顔に産毛が生えていると、ファンデーションや化粧下地が肌と密着しません。化粧品が肌と密着しなければ、化粧がよれて崩れたり、化粧ノリが悪いと感じたりすることが多いです。

その一方で、自己処理で産毛を剃ると、ファンデーションや化粧下地が肌と密着するようになります。化粧品と肌が密着すれば、化粧ノリが良くなって化粧崩れを起こしにくくなります。

同じ化粧品を使っていても、化粧ノリがアップするだけで仕上がりが変わるので、産毛を自己処理した後はいつもより化粧がきれいに仕上がる可能性が高いです。

産毛を自己処理するメリット④古い角質を除去できる

肌の表面にある角質は、肌の内部を刺激から守る役割を担っています。通常、役割を終えた角質はターンオーバーで垢として排出されるため、古い角質が肌の表面に溜まることはありません。

しかし、ストレスや偏った食生活、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなどの影響を受けると、ターンオーバーが遅れます。ターンオーバーが行われずに古い角質が残れば、くすみやざらつき、ニキビなどの肌トラブルが起こります。

産毛をかみそりや電動シェーバーで自己処理した場合、毛を剃るときに、不要な角質も剥がれることはメリットです。不要な角質がなくなれば、ターンオーバーが促進されて、肌に透明感が出てくるでしょう。

産毛を自己処理するメリット⑤好きなタイミングでできる

産毛はサロンやクリニックでの脱毛やシェービングでも処理できます。しかし、サロンやクリニックに通う場合は、予約を入れて決められた日時に施術を受けなければなりません。

一方、自己処理は自分の好きなタイミングで産毛を処理できます。体調が悪い時を避けたり、イベントに合わせたりしながら、産毛を剃ったり、脱毛したりできるのは、自己処理のメリットです。

産毛を自己処理するメリット⑥費用が安い

産毛を自己処理する場合、必要なかみそりや電動シェーバーは数百円から数千円で購入できます。一方、サロンやクリニックで産毛を脱毛する場合は、約7,000円から約22,000円の施術を何回も受けなければなりません。

シェービングサロンでのシェービングは脱毛と比べて安いですが、約3,000円の施術を継続して受ける場合は費用がかさんでくるでしょう。

サロンやクリニックでの脱毛やシェービングと比べて費用が安いことは、自己処理の大きなメリットです。

産毛の自己処理に使うもの

かみそり

産毛を自己処理する場合、使う道具は主にかみそり、電動シェーバー、光脱毛器、脱毛パックの4種類です。

産毛の自己処理に使うもの①かみそり

安い費用で産毛を処理したい人におすすめなのが、かみそりを使った自己処理です。かみそりは数百円で購入できるものが多いので、他の方法と比べてお金をかけずにムダ毛を自己処理できます。

しかし、かみそりを使った産毛の自己処理は肌を傷つけることが多いため、肌が荒れる心配があります。初心者の人は簡単に使えて鼻などの細かい部分も剃りやすい顔用のL字かみそりを使い、丁寧に処理しましょう。

産毛の自己処理に使うもの②電動シェーバー

電動の顔用シェーバーも、かみそりと同じように産毛を剃るために使います。電動シェーバーは刃が直接肌に触れない仕様になっているので、肌を傷つける心配が少なく、敏感肌の人でも使いやすいです。

その一方で、電動シェーバーはかみそりと比べて根元から産毛を剃れません。処理をしてから産毛が目立つまでの期間が短かったり、伸びた産毛の影響で毛穴が目立ってしまったりする可能性があることには注意が必要です。

産毛の自己処理に使うもの③光脱毛器

最近は、メラニン色素に反応する光を当てて毛根を刺激し、抑毛を促す家庭用の光脱毛器も人気を集めています。光脱毛器は継続して使用していると、毛が生えてこなくなる効果を期待できるため、自己処理の手間が省けることがメリットです。

他方、産毛はメラニン色素の量が少ないので、光脱毛器は産毛に効果が薄いことはデメリットといえます。何度使っても脱毛効果を感じられないという人もいるので、購入する場合は口コミなどを確認しておきましょう。

産毛の自己処理に使うもの④脱毛パック

産毛が気になる場所に貼って剥がすタイプの脱毛パックは、短時間で簡単に産毛を抜けます。しかし、肌への負担が大きいため、敏感肌の人は肌荒れを起こす可能性が高いです。

産毛を自己処理する方法

顔の産毛を処理する女性

自分に合った道具を用意したら、産毛の自己処理を始めましょう。

産毛を自己処理する方法①かみそりや電動シェーバーを使う方法

かみそりや電動シェーバーを使う時は、肌への負担を軽減しながら産毛を剃ることが大切です。

■かみそりや電動シェーバーの使い方
1.蒸しタオルで産毛が気になるパーツを温めます。
2.クレンジングや洗顔で汚れを落とします。
3.毛の流れに逆らってシェービングクリームや乳液を塗ります。
4.かみそりや電動シェーバーを肌に当てます。
5.顔の上から下に向かってかみそりを動かします。
6.濡れたタオルで処理した部分を拭き取ります。
7.化粧品で保湿します。

産毛を自己処理する方法②光脱毛器を使う方法

光脱毛器の使い方は製品によって違います。使用前には必ず説明書などで使用方法を確認しておきましょう。ここでは、一般的な使い方をご紹介します。

■光脱毛器の使い方
1.かみそりや電動シェーバーを使って産毛を剃っておきます。
2.サングラスなどで目を保護します。
3.産毛が気になる部分に光を照射します。
4.化粧品で保湿します。

産毛を自己処理する方法③脱毛パックを使う方法

脱毛パックの使い方も製品によって違います。使用前はパッケージなどに書かれた説明を読み、パックを塗ってから置く時間などについて確認してください。

■脱毛パックの使い方
1.眉などに付かないように注意しながら、ムラなくパックを塗ります。
2.そのままの状態で指定された時間だけ待ちます。
3.化粧品で保湿します。

産毛を自己処理する時の注意点

指をさす女性

産毛の自己処理は手軽にできますが、間違った方法で行うと、肌に負担をかけてしまいます。産毛を自己処理する時は4つのポイントに注意しましょう。

産毛を自己処理する時の注意点①タイミングは夜がベスト!

産毛の自己処理は必ず化粧を落としてから行いましょう。化粧などの汚れが残っている状態で自己処理すると、雑菌や汚れが肌の内部に入り込んで、肌荒れや炎症を起こす可能性があります。

また、産毛を自己処理した後は、肌が敏感な状態になっています。紫外線などの刺激が与えられると、肌トラブルにつながるので、産毛の自己処理は夜に行うのがおすすめです。

特に、お風呂あがりに自己処理すれば、肌がやわらかくなって毛穴も開いているので、肌に負担をかけず、きれいに産毛を処理できるでしょう。

産毛を自己処理する時の注意点②適切な頻度で行う

長期間、自己処理をサボると産毛が目立ちます。しかし、頻繁に自己処理すれば、肌に負担がかかって肌荒れや色素沈着などを起こす可能性が高いです。
産毛の自己処理は処理方法に合わせて適切な頻度で行い、やりすぎないように注意しましょう。

■かみそり・電動シェーバー・脱毛パックを使う場合
かみそりや電動シェーバー、脱毛パックを使用する場合は、2~3週間に一回のお手入れがおすすめです。鼻の下などの産毛が目立ちやすい部分は、1週間に一回のお手入れでも良いですが、肌の状態が悪い時は頻度を減らした方が良いでしょう。

■光脱毛器を使う場合
光脱毛器は毛の生え替わりの周期に合わせて使います。脱毛するパーツや個人によって毛が生え替わる頻度は異なりますが、2か月に一回程度の脱毛を続けていれば、少しずつ効果が現れてくるでしょう。

産毛を自己処理する時の注意点③産毛を剃る時に石鹸や洗顔料は使わない

かみそりの滑りを良くするために、産毛を剃る時に石けんや洗顔料を使う人がいますが、石けんや洗顔料を使うと、必要な角質まで取れてしまうことがあります。

かみそりを使う時は、必ず、シェービングクリームや乳液、保湿用のクリームを塗った後に産毛を剃りましょう。

産毛を自己処理する時の注意点④古いかみそりは使わない

かみそりは古くなると、切れ味が悪くなることがあります。切れ味の悪いかみそりを使っていると、必要以上に力を入れて肌を傷つけたり、埋没毛を作ったりすることがあるので、切れ味が悪くなったら、新しいかみそりに変えましょう。

また、肌に雑菌が付かないようにするため、錆が付いているかみそりや汚れているかみそりも使わないことをおすすめします。


顔や背中の産毛はきちんと処理して、ツルツルな肌を目指しましょう。自己処理をする場合は、肌を傷つけないようにタイミングや頻度などに気をつけてください。

▶︎自己処理が面倒なら脱毛サロンへGO