脱毛の専門サイト

部位別の脱毛

お腹の脱毛はどこでする?脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

By 三上 礼

お腹脱毛を検討している方の中で、お腹脱毛はどこで受ければいいのかわからない方はいませんか。今回はそんなお腹の脱毛の悩みを抱えている方に向けて、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いをメインに詳しくご紹介します。お腹のムダ毛に悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

▶︎脱毛の基本

お腹脱毛はどこで受ける?

エステを受ける女性

まずは、お腹脱毛はどこで受けるのかについてご紹介をします。

ここでは、

・脱毛サロンの場合
・脱毛サロンでお腹脱毛するメリット
・脱毛サロンでお腹脱毛するデメリット
・医療脱毛クリニックの場合
・医療脱毛クリニックでお腹脱毛するメリット
・医療脱毛クリニックでお腹脱毛するデメリット

の6つの視点で、それぞれ詳しく解説をしていきます。

脱毛サロンでお腹脱毛する場合

お腹脱毛は、脱毛サロンで受けることができます。

脱毛サロンでは、レーザー照射での施術が一般的です。脱毛サロンにおけるレーザー照射の原理は、脱毛したい部位にレーザーを照射させて、毛根にダメージを与えて破壊するといったものです。

普段している自己処理のように、ただ単にムダ毛を剃ったり抜いたりといったことではなく、しっかり毛根にアプローチしてくれるので、脱毛効果が高いのが特徴です。

脱毛サロンでお腹脱毛するメリット

脱毛サロンでお腹脱毛するメリットは、

・医療脱毛クリニックよりも費用が安い
・自己処理よりも脱毛効果が高い
・肌トラブルを回避することができる

の3つです。

まず、脱毛サロンは医療脱毛クリニックよりも費用を抑えてお腹脱毛をすることができます。また、脱毛サロンの方が、初回お試しや割引キャンペーンなど費用がお得になる企画が頻繁に実施されています。

また、自己処理よりも脱毛効果は高いです。ただ単に剃るだけでなく、毛根にしっかりアプローチしてくれるので、高い脱毛効果を実感できます。脱毛を続けていけば、ムダ毛処理がほとんどいらなくなるほど、キレイな素肌を手に入れられるでしょう。

さらに、肌トラブルを回避することもできます。特にお腹は、肌がデリケートな状態です。そのために、自己処理は肌の負担が大きくなってしまいます。これに対し脱毛サロンでは、脱毛のプロが専門の機器を使用して施術してくれるので、肌への負担が軽減されます。つまり、自己処理をするよりも肌トラブルを抑えることができるのです。

▶︎脱毛サロンを探す

脱毛サロンでお腹脱毛するデメリット

脱毛サロンでお腹脱毛するデメリットは、

・医療脱毛クリニックよりも脱毛効果が低い
・継続的に脱毛サロンへ通う必要がある

の2つです。

まず、脱毛サロンは医療脱毛クリニックよりも脱毛効果が低いです。理由は、レーザー照射の出力を高く調整することができないためです。そのため、毛が濃い人や脱毛効果の高い施術を求めている方は、医療脱毛クリニックの方がいいかもしれません。

また、つるつるのお腹を手に入れようと思ったら、継続的に脱毛サロンに通わないといけません。特に脱毛サロンは、医療脱毛クリニックよりも脱毛効果が低いことから、通う回数が増えます。

医療脱毛クリニックでお腹脱毛する場合

お腹脱毛は、医療脱毛クリニックでも受けることができます。

医療脱毛クリニックは、脱毛サロンと施術原理は基本的に同じです。そのため、レーザー照射による施術が一般的です。

しかし、医療脱毛クリニックと脱毛サロンの施術で異なっている点があります。それは、医療脱毛クリニックの方が、レーザー照射の出力を高く調整することができるという点です。そのために、医療脱毛クリニックの方が、脱毛サロンよりも脱毛効果が高いと言われています。

脱毛サロンでは、レーザー照射の出力を高く調整することができません。一方で、医療脱毛クリニックは、医師監修の元ということもあり、レーザー照射の出力を上げることができます。そのため、より強い力で毛根に負荷をかけることができるので、効果の高い脱毛を期待できるのです。

一般的に、医療脱毛クリニックは、毛根を破壊して、その周辺の毛が生えてくる部位にもアプローチしてくれるので、脱毛効果が高いとも言われています。

医療脱毛クリニックでお腹脱毛するメリット

医療脱毛クリニックでお腹脱毛するメリットは、

・脱毛サロンよりも脱毛効果が高い
・脱毛サロンよりも脱毛回数が少ない
・医師監修

の3つです。

まず、脱毛サロンよりも脱毛効果が高いです。理由は、上述のとおりレーザー照射の出力を調整することができるためです。そのため、毛が濃い方でもしっかり脱毛効果を実感できる脱毛方法です。

また、医療脱毛クリニックは、脱毛サロンよりも脱毛回数が少なくて済みます。人によっては半分以上も回数を短縮している人もいます。回数が少ないメリットは、短期間で脱毛することが可能という点です。なるべく早く綺麗な肌を手に入れたい方は、医療脱毛クリニックがおすすめです。また、クリニックへ通う負担もその分減ります。

さらに、医師監修であることもメリットの一つです。医師監修なので、もし施術中に何らかのトラブルがあったら、医療的措置をとってくれます。そのため、安心して施術を受けることができるのです。

▶︎医療脱毛クリニックを探す

医療脱毛クリニックでお腹脱毛するデメリット

医療脱毛クリニックでお腹脱毛するデメリットは、

・脱毛サロンよりも費用が高い
・継続的に通う必要がある

の2つです。

医療脱毛クリニックにおけるレーザー照射は、保険適用外の扱いとなっています。そのために、自由診療なので、治療代が高くなってしまう傾向にあります。一般的には、脱毛サロンよりも高額であると言われています。

また、脱毛サロンと同じで、医療脱毛クリニックも継続的に通う必要があります。しかし、医療脱毛クリニックは脱毛サロンよりも期間を短縮することができるので、脱毛サロンに比べるとこのデメリットは比較的小さいと言えるでしょう。

お腹脱毛する場所の選び方

両手を広げた女性

次は、お腹脱毛をする場所の選び方についてご紹介をします。

お腹脱毛をする場所の選び方のポイントは、

①脱毛方法
②料金
③痛みの強さ
④通いやすさ
⑤予約の取りやすさ

の5つです。それぞれ詳しく解説をしていきます。

お腹脱毛をする場所の選び方①脱毛方法

お腹脱毛をする場所の選び方のポイント1つ目は、脱毛方法です。

脱毛方法には、2つあります。脱毛サロンと医療脱毛クリニックのいずれかです。先ほど、それぞれの特徴についてご紹介したので、それぞれの特徴を参考に自分に合った脱毛方法を選びましょう。

お腹脱毛をする場所の選び方②料金

お腹脱毛をする場所の選び方のポイント2つ目は、料金です。

もしかすると、お腹脱毛を検討している方の悩みで一番大きいのは、脱毛にかかる料金かもしれません。脱毛初心者の方に多く選ばれているのは、脱毛サロンです。初回体験も安価でお試しができて、トータル費用も抑えられるためです。

一方で、料金は高いものの、より脱毛効果を実感したい方は医療脱毛クリニックがおすすめです。

お腹脱毛をする場所の選び方③痛みの強さ

お腹脱毛をする場所の選び方のポイント3つ目は、痛みの強さです。

脱毛は、どうしても痛みは発生します。しかし、施術方法(レーザーの種類)によって痛みがほとんどないものも存在します。脱毛の施術による痛みが不安な方は、カウンセリングの時点でスタッフに相談しましょう。

お腹脱毛をする場所の選び方④通いやすさ

お腹脱毛をする場所の選び方のポイント4つ目は、通いやすさです。

つるつるのお腹にするまでには、脱毛サロンや医療クリニックに数回通う必要が出てきます。そのため、自宅や会社の近くなど、交通の便が良い場所を選ぶようにしましょう。行き慣れていない場所やアクセスの悪い場所にしてしまうと、途中から通うのが億劫になってしまうかもしれません。

お腹脱毛をする場所の選び方⑤予約の取りやすさ

お腹脱毛をする場所の選び方のポイント5つ目は、予約の取りやすさです。

人気な脱毛サロンや医療脱毛クリニックは予約をとるのが困難である場合があります。しかし、最近では、インターネットによる予約システムを導入している店舗が増えてきています。まずは、予約システムで空きがあるかチェックしてみましょう。

お腹脱毛する時の注意点

女医

次は、お腹脱毛をする時の注意点についてご紹介をします。

お腹脱毛をする時の注意点は、

①脱毛していない部分との境目が目立つ
②衣類の締め付け
③あまり効果を感じられないこともある

の3つです。それぞれ詳しく解説をしていきます。

お腹脱毛をする時の注意点①脱毛していない部分との境目が目立つ

お腹脱毛をする時の注意点1つ目は、脱毛していない部分との境目が目立つことです。

お腹だけ脱毛して、背中やうなじ、足などを脱毛していないと、他の部位のムダ毛が目立ってしまうことがあります。気になるようであれば、脱毛していない部分との境目が目立たないように、他の部位の脱毛も検討してみましょう。

また、毛が濃くて他の部位との差が目立つことが予想できるなら、はじめから全身脱毛を選ぶのもよいでしょう。お腹だけでなく、足や腕、脇なども脱毛したいと考えるのであれば、全身脱毛の方が総額がお得になる可能性もあります。

お腹脱毛をする時の注意点②衣類の締め付け

お腹脱毛をする時の注意点2つ目は、衣類の締め付けです。

お腹脱毛をする時は、なるべく肌に負担をかけないようにするのが基本です。しかし衣類の締め付けなどは肌に負担をかける原因になります。肌トラブルを回避するために、なるべく避けましょう。

脱毛を受ける時の服装は、ピタッとした洋服ではなく、ゆったりとしたスカートや締め付け感のないワンピースなど、リラックスカジュアルにして行くのがおすすめです。

お腹脱毛をする時の注意点③あまり効果を感じられないこともある

お腹脱毛をする時の注意点3つ目は、あまり効果を感じられない場合もあることです。

どうしても中にはあまり脱毛効果が実感できない方もいます。脱毛効果は、毛質や体質、脱毛方法によって変わってくるためです。「脱毛を受ければツルツルの肌になる!」と思っている方がほとんどだと思いますが、毛の状態は人それぞれなので脱毛効果も個人差があることを理解しておきましょう。

お腹脱毛を受けられない人

バツサインをする女性

次は、お腹脱毛を受けられない人についてご紹介をします。

お腹脱毛を受けられないのは、

①妊娠中
②肌が乾燥している

といった事項に当てはまる人です。それぞれ詳しく解説をしていきます。

お腹脱毛を受けられない人①妊娠中

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れがちになっていて、肌が普段よりも弱くなっています。肌が敏感である妊娠中は、肌トラブルを引き起こすリスクが高まります。

妊娠中である場合は、赤ちゃんを出産して落ち着いたら脱毛をするようにしましょう。

お腹脱毛を受けられない人②肌が乾燥している

肌が乾燥しているということは、肌が敏感な状態だということ。敏感肌は乾燥から引き起こされます。

また、肌の乾燥は、肌トラブルを招く原因となります。綺麗な肌を手に入れるためにも、なるべく保湿に力を入れるようにしましょう。

脱毛当日にお腹がカサカサで脱毛を受けられない、なんてことにならないように、日頃からスキンケアを徹底しましょう。


今回は、お腹脱毛について詳しくご紹介をしました。脱毛初心者の方は脱毛サロン、毛が濃い方やさらに脱毛効果の高い脱毛方法を求めている方は医療脱毛クリニックでの脱毛がおすすめです。今回はそれぞれの脱毛方法の特徴について詳しくご紹介したので、それぞれ参考にして、自分に合った脱毛方法を選んでください。お腹のムダ毛とサヨナラして、自信の持てる肌を手に入れましょう。