脱毛の専門サイト

部位別の脱毛

足脱毛はどこでする?脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違い

By 三上 礼

「最近、足のムダ毛が気になるけれど、どこで脱毛すれば良いのかわからない。」そんな脱毛の悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。今回は足脱毛をする場所や、それぞれのメリットやデメリットなどについて詳しくご紹介します。足の脱毛を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

▶︎脱毛も考えてみる

足脱毛はどこで受ける?

足脱毛

まずは、足脱毛はどこで施術を受けられるのかをご紹介していきます。基本的に、脱毛サロンか医療脱毛クリニックの2つで脱毛を受けることができます。

ここでは、

・脱毛サロンの場合
・脱毛サロンで足脱毛するメリット
・脱毛サロンで足脱毛するデメリット
・医療脱毛クリニックの場合
・医療脱毛クリニックで足脱毛するメリット
・医療脱毛クリニックで足脱毛するデメリット

の6つに分けて、それぞれ詳しくご紹介します。

脱毛サロンの場合

まず足脱毛は、脱毛サロンで受けることができます。脱毛サロンでは、光脱毛と呼ばれる脱毛方法が一般的です。

光脱毛とは、メラニン色素に反応する照射にて、毛にダメージを与える脱毛方法です。脱毛の目安回数は、脱毛する部位や個人によって変わりますが、およそ7〜20回ほど通うと、つるつるの肌が手に入れられると言われています。

脱毛サロンで足脱毛するメリット

脱毛サロンで足脱毛をするメリットとしては、

・面倒な自己処理の手間が省ける
・自己処理での肌トラブルを防ぐことができる
・肌の色が明るく見える
・医療脱毛クリニックよりも費用が安価

の4つが挙げられます。

脱毛サロンの場合、毛を剃るのではなく、メラニン色素に反応させてレーザー照射によって、毛にしっかりダメージを与える脱毛方法なので、自己処理よりも効果が高いです。そのため、日頃の自己処理の手間が省けたり、自己処理での肌トラブルなどを防ぐことができます。どうしても自己処理だと、自己流の処理になってしまうので、肌に負担がかかってしまう傾向にあります。

カミソリなどでムダ毛を剃る方法と異なり、光脱毛は毛を根元から無くしてしまうので、毛穴がポツポツ黒く見えることもなく、肌の色が明るく見えるようになります。

脱毛サロンで足脱毛するデメリット

脱毛サロンで足脱毛をするデメリットは、

・継続的に通う必要がある
・医療レーザー脱毛よりも効果は低い

の2つです。

脱毛サロンでの足脱毛は、つるつる肌まで脱毛効果が欲しいとなると、継続的に通うことが必要になってきます。これは、毛が生えてくるサイクルが毛一本一本によって異なるため、一回では全ての毛に効果的な施術を行えないためです。

また、脱毛サロンは、医療レーザー脱毛よりも効果は低いです。詳しくは、医療脱毛クリニックの箇所でご紹介します。

▶︎脱毛サロンをチェック

医療脱毛クリニックの場合

足脱毛は、医療脱毛クリニックでも受けることができます。医療脱毛クリニックでは、医療レーザー脱毛による脱毛が一般的です。

医療レーザー脱毛と光脱毛の原理は全く同じです。異なっている点は、照射の出力を調整できるかどうかです。

医療脱毛クリニックは、医師監修の元で照射の出力を調整することができます。そのため、脱毛サロンの光脱毛よりも脱毛効果が高いと言われています。

医療脱毛クリニックで足脱毛するメリット

医療脱毛クリニックで足脱毛をするメリットは、

・面倒な自己処理の手間が省ける
・自己処理での肌トラブルを防ぐことができる
・肌の色が明るく見える
・光脱毛よりも効果が高い
・医師監修のため、トラブルがあった時に医療的処置をしてくれるので安心

の5つです。

医療脱毛クリニックは、光脱毛よりも費用が高くなりますが、脱毛効果は高いです。また、医師免許を持ったスタッフによる施術なので、安心して施術を受けることができる点もメリットです。

医療脱毛クリニックで足脱毛するデメリット

医療脱毛クリニックで足脱毛をするデメリットは、

・継続的に通う必要がある
・脱毛サロンよりも費用が高い

の2つです。

脱毛サロンと同じで、しっかり脱毛効果を得たい方は、医療脱毛クリニックに継続的に通う必要があります。しかし、光脱毛よりも脱毛効果が高いため、通う回数は比較的少ない傾向にあります。

医療脱毛は、保険が適用されない自由診療であるために、費用が高くなってしまうことも難点。しかし、費用が高い分効果も高いので、しっかり脱毛効果を得たい方には、医療脱毛クリニックがおすすめです。

▶︎医療脱毛クリニックをチェック

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方

女性の足

次は、足脱毛をする脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方について詳しくご紹介します。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方は、

①脱毛方法
②料金
③痛みの強さ
④通いやすさ
⑤予約の取りやすさ

の5つのポイントに絞って詳しくご紹介します。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方①脱毛方法

まずは、脱毛方法を決めましょう。

脱毛方法には大きく分けると、

・光脱毛
・医療レーザー脱毛

の2つに分けることができます。

光脱毛は、脱毛初心者の方におすすめです。一方で、医療レーザー脱毛は、光脱毛であまり脱毛効果を得ることができなかった方におすすめです。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方②料金

次に、料金です。脱毛をしようと考えると、料金が一番の懸念材料かもしれません。

料金に関しては、

・現金一括支払い
・クレジットカード
・分割払い
・医療ローン

などの支払い方法があります。

基本的には、どこの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも上記の支払いができます。さらに詳しく脱毛料金を知りたい方は、各HPなどでチェックしてみてください。

また、医療脱毛クリニックなどでは、無料カウンセリングが実施されていますので、そのタイミングでスタッフに相談しながら、費用も直接確認すると良いでしょう。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方③痛みの強さ

脱毛は、どうしても痛みが伴う場合が多いです。そのため、痛みの強さもどうなのか、検討する必要があります。

脱毛方法によって、痛みのある施術と痛みの少ない施術があります。痛みのない施術を受けたい方は、医師やスタッフに相談をすることをおすすめします。

しかし、ワキやVIOなど脱毛効果がなかなか得られにくい部位に関しては、痛みが伴う施術を勧められる傾向にありますので、しっかり医師やスタッフなどに確認するようにしましょう。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方④通いやすさ

足脱毛をする上では、脱毛サロンや医療クリニックへの通いやすさも大切です。

脱毛は、しっかり効果を実感しようとなると、継続的に通うことが必要になってきます。
そのため、自宅や会社から近いなど、通いやすいかどうかも検討するようにしましょう。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックの選び方⑤予約の取りやすさ

最後に、予約の取りやすさです。肌の露出が多い夏に近づいてくると、どうしても予約がいっぱいになることがありますが、日頃からの予約の取りやすさがどうなのか、事前に調べましょう。その際には、口コミなどを参考にすると良いですよ。

家族や友人、同僚など、身近な人で脱毛サロンや医療クリニックに通っている人がいれば、実際に話を聞いてみましょう。

足脱毛する時の注意点

女医

足脱毛をする上での注意点は、

①激しい運動はNG
②入浴は避ける
③脱毛後のストッキングは避ける
④保湿を行う

の4つです。それぞれ詳しくご紹介します。

足脱毛をする上での注意点①激しい運動はNG

足脱毛をする前後は、激しい運動はしてはいけません。

激しい運動をしてはいけない理由は、

・日焼けをしてはいけないから
・血行が良くなってしまうから

などが挙げられます。

基本的に脱毛は、日焼けをした肌でしてはいけません。なぜなら、レーザー脱毛は、メラニンに反応するように作られているため、全身日焼けをしてしまうと、脱毛したい部位だけではなく、他の脱毛しないメラニンが増えている部位にまで反応してしまうからです。そうなると、肌トラブルの原因になりかねません。

血行が良くなるのは肌や美容に良さそうですが、実は脱毛の前後に血行が良くなると炎症を起こしやすくなってしまうのです。なるべく肌トラブルを防ぐために、運動は控えるようにしましょう。

足脱毛をする上での注意点②入浴は避ける

入浴も避けるようにしましょう。特に、脱毛当日の入浴はNGです。

脱毛後の入浴が禁止されている理由は、体温が上がることで肌に刺激を与えてしまい、肌の赤みなどといった軽い火傷のような症状が現れるリスクを高めてしまうからです。

脱毛後は肌トラブルを防ぐために、入浴は避けるようにしましょう。シャワーでさっと体を洗う程度にしてください。

足脱毛をする上での注意点③脱毛後のストッキングは避ける

脱毛後に、ストッキングの着用をするのは避けましょう。ストッキングは、肌に直接密着させるため、施術を受けた敏感な肌に使用すると、肌トラブルの原因になりかねません。同様にタイツなども避けることをおすすめします。

足脱毛をする上での注意点④保湿を行う

脱毛後はしっかり保湿を行いましょう。脱毛後の肌は、バリア機能が低下して敏感になっています。そのため、しっかり保湿クリームなどを塗って肌に潤いを補給しましょう。

保湿クリームは、

・セラミド
・ヒアルロン酸
・プラセンタ

といった成分が含まれているものを選ぶのがおすすめです。

足脱毛を受けられない人は?

カウンセリング

最後に、足脱毛を受けられない人についてご紹介をします。

足脱毛を受けられない場合としては、

①薬を服用している
②生理中
③肌が乾燥している

の3つが挙げられます。それぞれ詳しくご紹介します。

足脱毛を受けられない人①薬を服用している

薬を服用している方は足脱毛を受けることはできません。なぜなら、薬を飲んでいる方は、何かしら体調に問題があるということです。また、薬の副作用によって、皮膚が敏感になっている恐れもあるため、肌へ刺激となる脱毛は受けることができないのです。

足脱毛を受けられない人②生理中

生理中は、ホルモンバランスが乱れている傾向にあります。ホルモンバランスが乱れていると、肌は敏感になっています。

そのため、肌トラブルなどが生じるリスクが高まるために、生理中の脱毛はあまりおすすめできません。

足脱毛を受けられない人③肌が乾燥している

肌が乾燥している場合も、バリア機能が低下している状態にあるため、肌は敏感です。肌が敏感な時に脱毛をしてしまうと、肌トラブルが生じるリスクが高まります。過度な乾燥の場合は脱毛サロンや医療クリニックから断られるケースも。脱毛前にはしっかり肌を保湿して、乾燥を防ぐようにしましょう。

▶︎脱毛を受けられない人は?


今回は足脱毛について詳しくご紹介をしました。足脱毛を行う場所は、基本的には、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの2つです。脱毛サロンは、脱毛初心者の方におすすめです。一方で医療脱毛クリニックは、光脱毛をしても効果があまり効果がなかった方や、しっかり脱毛効果を得たい方に向いています。今回は、それぞれのメリットやデメリットを詳しくご紹介しましたので、ぜひチェックして、自分に合った場所で脱毛を受けてくださいね。