脱毛の専門サイト

自己処理

脱毛タオルでムダ毛の自己処理!脱毛タオルの選び方や使用方法

By 中本佳子

身体を洗うように、タオルで優しく擦るだけで脱毛が簡単にできる「脱毛タオル」。その手軽さや低コストであることから、脱毛サロンに通う時間がない忙しい女性に人気の脱毛方法の一つです。しかし脱毛タオルの使い方を間違えるだけで、色素沈着や吹き出物のトラブルを招く恐れがあります。今回は、脱毛タオルの正しい使い方と選び方など脱毛タオルについて詳しくご紹介します。

▶︎脱毛の基礎知識

脱毛タオルによる自己処理のメリットとデメリット

脱毛タオルによる自己処理のメリット

身体を洗う女性

脱毛タオルは、簡単に背中の産毛が処理できると注目を集めている脱毛アイテムです。そんな人気の脱毛タオルのメリットをご紹介します。

・手軽に脱毛ができる
・角質を取り除き、美肌効果も期待できる
・手の届かない部位も処理できる
・背中ニキビの予防に効果的

脱毛タオルとは「除毛するタオル」です。脱毛タオルは、身体を洗う要領で使用し、擦ることでムダ毛がタオルの摩擦で除去できる仕組みです。

また脱毛タオルには、古い角質や毛穴の汚れを一緒に取ってくれるピーリング効果も期待できます。自分では手の届かない背中の産毛も取り、背中を清潔に保つことができるため、背中ニキビに悩んでいる方にもおすすめのアイテムです。

ムダ毛の除毛だけでなく、毛穴に詰まった汚れや皮脂を落とすことにも優れているため、古い角質を取り除き、ツルツルな肌へと導いてくれることがメリットと言えるでしょう。

脱毛タオルによる自己処理のデメリット

美肌へと導き、簡単に脱毛効果が期待できる脱毛タオルですがデメリットもあります。
では脱毛タオルのデメリットは何でしょうか?デメリットは以下の3点が考えられます。

・即効性がない
・太い毛は抜けにくい
・肌トラブルが起こりやすい

気になるムダ毛をすぐに処理したい場合には、脱毛タオルは向きません。脱毛タオルは、続けて使うことで徐々にムダ毛を少なくしていくものです。

「早くムダ毛を処理したい!」と肌に強い刺激を与え続けていると、色素沈着を起こして黒ずみ、肌荒れの原因になってしまうこともあります。そのため、ゆっくり時間をかけて脱毛をしたい方におすすめです。

また脱毛タオルは、産毛のような細くて柔らかいムダ毛は除毛できますが、太めのムダ毛は抜けにくくあまり処理できません。そのため体全体に使っても、腕や足、デリケートゾーンなどの太めのムダ毛には効果が見られず、背中のムダ毛も薄い毛だけで全て除毛できるわけではないので、人によっては効果を実感できない方もいます。

特に、天然素材の脱毛タオルは肌に優しいですが、除毛効果は低いと言われています。

脱毛タオルで自己処理する時のポイント

脱毛タオルで自己処理する前に準備すること

自己処理する女性

脱毛する前に最も重要な準備がシェービングです。

脱毛したい箇所のムダ毛を全て剃っておきましょう。事前にシェービングする場合、肌に優しい電気シェーバーがおすすめです。カミソリでの処理は肌に負担がかかり、肌を傷つけてしまう可能性があるため避けましょう。

また、普段の保湿ケアも大切です。皮膚が乾燥していると、乾燥で肌がかたくなってしまい効果が発揮できません。そして潤いのある肌は、肌内部の水分が熱を吸収してくれるため、痛みを感じにくくなります。

さらに保湿ケアをすることで、痛みを軽減できるだけでなく、肌トラブル防ぎ、脱毛効果のアップも期待できます。脱毛効果を高めるためにも、脱毛の前後はしっかり保湿を行うのがおすすめです。

脱毛タオルが適している部位は?

脱毛タオルは、背中やおしりといった背面処理に向いています。

また脱毛タオルは全身でも使用できますが、足やデリケートゾーンなどの太い毛には効果が実感しにくいと言われているため、「産毛・細い毛が生える場所」の処理用と考えた方が良いでしょう。

そして脱毛タオルは、顔への使用が禁止されています。弱く擦ったとしても、顔はデリケートな部位のため、脱毛タオルを使用するとかぶれなどのトラブルを招いてしまいます。そのため、脱毛タオルは顔に使用しないように注意しましょう。

綺麗に自己処理するコツ

脱毛タオルの基本的な使い方は、ボディタオルと同じように肌を優しくマッサージするくらいの強さで擦ります。しかし脱毛効果を高めたいからとゴシゴシと強く擦ってしまうと、肌に負担がかかってしまうため注意しましょう。

次に脱毛タオルの効果を高めるためのコツを、脱毛タオルの使い方の流れとともにご紹介します。

①肌を濡らす
まずシャワーで肌を濡らしておきましょう。処理をする前に浴槽に浸かる場合は、角質が柔らかくなりすぎる可能性があるため、入浴時間は短めにしてください。

②タオルを濡らす
たっぷりのお湯にタオルを浸し、タオルを濡らします。水分量が少ないと摩擦の力が強くなって肌に刺激を与えてしまうため、しっかり水分を含ませてください。

③石鹸を付ける
石鹸、もしくはボディソープをタオルに付けます。石鹸、ボディソープは普段使用しているものでも構いませんが、弱酸性製品・無添加製品等の肌に優しい成分を配合しているものが良いとされています。たっぷりと石鹸を付けて、よく泡立てておくことがポイントです。

④体をこする
手入れをしたい部分にタオルのメッシュ面をあて、優しく擦ります。力を入れずに擦るのがポイントです。背中をお手入れする場合には体を前に丸めると、タオルのメッシュ部分が広く当たり、綺麗な仕上がりになります。

⑤洗い流す
泡を綺麗に洗い流しましょう。

⑥アフターケア
脱毛後は特に肌が乾燥しやすい状態となっています。お手入れした箇所をしっかりと保湿することで肌トラブルを防ぐこともできます。クリームなどを塗って保湿ケアを行いましょう。

どんな脱毛タオルがある?

脱毛タオルの種類

タオル

脱毛タオルには、ポリエチレンやナイロンなどの化学繊維でできているものから、綿やシルクなどの天然素材でできているものがあります。

■化学繊維の脱毛タオルの特徴
ポリエチレンやナイロンなど、化学繊維でできているものは、種類が多くて値段も安く、天然素材のタオルと比べてムダ毛処理の効果が高いと言われています。しかし、強く擦りすぎると、肌荒れや、色素沈着が起きてしまい、背中が黒ずむといった肌トラブルを引き起こす可能性があります。

化学繊維の脱毛タオルを使用する場合、脱毛タオルを優しく擦ることを意識すれば、角質や皮脂を落とすことに優れているため、しっかり汚れを落としたい方にはおすすめです。

■天然素材の脱毛タオルの特徴

綿や絹などを使った天然素材の脱毛タオルは、あまり種類がなく、値段も少し高めになります。泡立ちがあまりよくないため、洗った後のさっぱり感は少なく、除毛効果はあまりないと言われています。しかし肌に優しく、美肌効果は高いため、肌に負担をかけずに脱毛をしたいという方には最適です。

敏感肌の方や擦りすぎで肌荒れが心配な方、ムダ毛より美肌にこだわりたい方は、天然素材の脱毛タオルがおすすめです。

脱毛タオルの選び方

脱毛タオルは様々な種類が発売されていますが、脱毛タオルを選ぶ際は以下の2つを意識して自分に合うものを選びましょう。

・素材
・タオルの長さ

素材は上記でご紹介した通り、化学繊維のタオルは強く擦りすぎると肌に刺激を与えてしまい、色素沈着や肌荒れなどの肌トラブルを引き起こします。肌に負担をかけずに綺麗にするためにも、使われている素材をよく確認しましょう。

また手が届きにくい背面でも、長めの脱毛タオルであれば簡単にムダ毛処理ができます。製品によっては100cm程度の長さのものもあります。長さがあるほうが臨機応変に対応できるため、初めて脱毛タオルを使用する方は長い物を選びましょう。

脱毛タオルで自己処理する際のトラブル

悩みを抱える女性

最後に脱毛タオルで自己処理した場合、考えられる肌トラブルについてご紹介します。

■色素沈着
脱毛タオルの効果をなかなか感じられない方や、何としてもきれいに除毛したいと気合が入っている方は、肌を擦りすぎてしまう可能性があり、肌荒れや色素沈着などの肌トラブルにつながることもあります。

特にポリエチレンやナイロンなどの化繊でできたタオルで強く擦ると、色素沈着が起こりやすいです。肌に強い刺激が与えられることで、肌を守ろうとメラニン色素が作られて肌が黒ずんでしまうのです。色素沈着を予防するためにも、脱毛タオルはできれば天然素材のものを選ぶのがおすすめです。

■乾燥、肌荒れ
1回で効果を出そうと強く擦ってしまうと肌に負担がかかり、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があります。

脱毛タオルは毎日使うことで効果が現れてくるため、優しく洗うことがポイントですが、それでも肌への負担はかかってしまいます。そのため肌を刺激するだけ肌荒れが起きてしまう敏感肌の方は使用を控えた方が良いでしょう。

また肌荒れが起きてしまった場合、以下のことを行い、入念にケアしましょう。
・患部を冷やす
・日焼けしないようにする
・保湿をする
・お酒を控える
・湯船につかるのを控える

赤みやかゆみは軽度の火傷状態のため、まずは冷やすことが大切です。注意点として保冷剤など極端に冷たいものを当ててしまうと、かえって肌を刺激して悪化させてしまうため避けましょう。冷やす場合は、水に濡らしたタオルで当てるだけで十分に効果があります。

また、脱毛後は肌がデリケートになっているため、紫外線対策をし、入浴は控えましょう。そして保湿ケアをして肌を優しく保護することで肌荒れの症状も和らいできます。


簡単に脱毛ができ、背中ケアも可能なアイテムとして人気の高い脱毛タオルについてご紹介しました。脱毛タオルは毎日使い続けることで効果を発揮します。そのため長い目で見て、根気よく使う必要があります。また使い方の注意点として、強く擦りすぎないようにしましょう。そして脱毛タオルの使用後は保湿を忘れないようにしてください。脱毛タオルを正しく使って、美しい背中を手に入れましょう。