脱毛の専門サイト

基礎知識

妊娠中は脱毛しても良いの?母体や赤ちゃんへの影響とは?

By 深井麻実

「妊娠中でも脱毛できる?」「妊娠に気づかずに脱毛した場合、赤ちゃんへの影響は?」などと妊娠中の脱毛には疑問が多いです。ここでは、妊娠中の脱毛の影響などについて詳しくご説明します。

妊娠中でも脱毛できる?

妊娠中のお腹とクエッションマーク

妊娠中でもムダ毛が気になったり、すでに契約期間中だったりすると、脱毛を受けたいと思うかもしれません。しかし、妊娠中の脱毛は母体や赤ちゃんへの影響が気になります。妊娠中に脱毛はできるのでしょうか。

基本的に妊娠中は脱毛サロンでも医療クリニックでも脱毛が認められていません。よって、契約中でも妊娠したら、脱毛を中断する必要があります。

妊娠中の脱毛の影響

妊婦

妊娠中は、大切な赤ちゃんや母体を守るために脱毛が禁止されています。まずは、妊娠中の脱毛の影響を確認していきましょう。

妊娠中の脱毛の影響①肌トラブルや痛みが起こることがある

妊娠中は脱毛で肌トラブルを起こしたり、強い痛みを感じたりしやすいです。妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスが変化します。

ホルモンバランスの変化に伴って肌の水分量が減少したり、肌が敏感になったりすると、妊娠前の脱毛では気にならなかった痛みや肌荒れが起こることが多いのです。

脱毛によって肌荒れや痛みを感じると、ストレスにつながることもあるので、赤ちゃんのことを考えても妊娠中の脱毛は避けた方が良いとされています。

妊娠中の脱毛の影響②体に負担がかかる

脱毛を受けている間は、長時間同じ姿勢でいなければなりません。妊娠中は血行が悪くなりやすいので、長時間同じ姿勢で脱毛を受けていると、体に負担がかかります。

また、妊娠中に背中などの脱毛を受けると、お腹が圧迫される恐れがあります。特に、妊娠5ヶ月ごろを過ぎて、お腹が大きくなってきた時にうつ伏せで脱毛を受けると、お腹に負担がかかって辛くなってしまうでしょう。

妊娠中の脱毛の影響③気分が悪くなる可能性がある

つわりの症状が見られる時は、妊娠前には気にならなかった臭いが敏感に感じます。脱毛に使われる薬品などの臭いを刺激に感じて気分が悪くなってしまう可能性も高いので、つわりの症状がある時は脱毛を控えましょう。

妊娠中の脱毛の影響④効果が下がることもある

妊娠すると、プロラクチンと呼ばれるホルモンの分泌量が増加します。プロラクチンには、体毛を濃くする作用があるため、妊娠中は脱毛を受けても効果が現れにくいです。

人によっては、脱毛で刺激を与えると、逆に体毛が濃くなる「多毛症」になってしまうこともあるので、妊娠中は脱毛を避けた方が良いでしょう。

妊娠中に脱毛してしまったら?

ショックを受ける女性

妊娠中は脱毛を避けるべきだとわかっていても、妊娠に気づく前に脱毛を受けてしまうこともあるでしょう。妊娠初期に脱毛を受けてしまったら、赤ちゃんや母体へ影響があるのでしょうか。

妊娠中に脱毛しても直接的な影響はない

脱毛では、肌の表面にある黒い色にだけ反応する光やレーザーを使います。あくまで、肌の表面に影響を与える施術であって、光やレーザーの影響は体内には届かないため、妊娠中に脱毛しても赤ちゃんや子宮に直接的な影響はありません。

妊娠に気づかずに脱毛を受けてしまったら、焦らずに体の様子を確認し、気になることがある時には、主治医に相談すると良いでしょう。

妊娠中のムダ毛処理はどうする?

シェービングする女性

妊娠中は大切な赤ちゃんを守るために体毛が濃くなると考えられています。妊娠中のムダ毛が気になる時は、どのように対応すれば良いのでしょうか。

妊娠中のムダ毛の自己処理方法

妊娠中はホルモンバランスが変わって肌が敏感になっているので、ムダ毛の自己処理は丁寧に行いましょう。

■ムダ毛処理は電動シェーバーで!
妊娠中にムダ毛を自己処理したい場合は、肌への影響が少ない電動シェーバーを使いましょう。脱毛ワックスや除毛クリーム、毛抜き、家庭用脱毛器などを使った自己処理は敏感な肌に刺激を与えてしまう可能性があるので、避けた方が無難です。

■電動シェーバーを使う時の注意点
・肌の乾燥に注意する
ムダ毛処理の後は、肌が乾燥して肌荒れを起こしやすいので、電動シェーバーでムダ毛を処理した後はしっかりと保湿しましょう。妊娠中は肌が敏感になっているため、アルコールなどが含まれていない肌に優しいクリームで保湿するのがおすすめです。

・お腹が大きくなってきたら無理をしない
お腹が大きくなってくると、下腹部や脚が見えにくくなります。無理にムダ毛処理をして、肌を傷つけないためにも、妊娠後期のムダ毛処理には十分注意しましょう。

妊娠中のムダ毛の自己処理の頻度

妊娠中はホルモンバランスが変化し、肌が敏感になっているので、ムダ毛の自己処理はできるだけ控えた方が良いでしょう。どうしてもムダ毛が気になった時だけ、電動シェーバーで自己処理することをおすすめします。

妊娠した場合の脱毛サロン・医療クリニックの対応

医療クリニック

基本的に脱毛サロンや医療クリニックは、妊娠中の脱毛を認めていないため、契約中に妊娠した場合は施術を中断します。妊娠した場合の脱毛サロンや医療クリニックの対応について確認していきましょう。

脱毛サロン・医療クリニックの休会制度

多くの脱毛サロンや医療クリニックは、契約中に妊娠した場合、契約期間から中断期間を省く「休会制度」を設けています。

休会制度があれば、プランに有効期限があっても出産後に脱毛を再開できるので、妊娠を希望する人や妊娠の可能性がある人はあらかじめ、契約内容を確認しておきましょう。

有効期限がない脱毛サロンや医療クリニックもある

プランに有効期限を設けていない脱毛サロンや医療クリニックも存在します。有効期限がなければ、子育てがひと段落してから脱毛を再会できるので、子育てに時間をかけたい人でも安心です。

月額制プランは途中解約できる可能性が高い

月額制の脱毛プランは途中解約できることが多いです。出産後、子供が大きくなってから脱毛を再開したいと考えている人は、妊娠を機に思い切って途中解約するのも良いでしょう。

ただし、脱毛サロンや医療クリニックによっては、途中解約した場合、再契約が不可能なことがあります。再契約が不可能であれば、違う脱毛サロンや医療クリニックに乗り換えなければならないので、解約前に確認しておきましょう。

なお、月額プランを途中解約したり、中断したりする場合は、妊娠が分かった時点でできるだけ早く脱毛サロンや医療クリニックに連絡するのがおすすめです。連絡が遅れると、ひと月分の月額料金を無駄にすることがあるので、注意しましょう。

脱毛はいつから再開できる?

出産後、いつから脱毛を再開できるのかは、脱毛サロンや医療クリニックによって異なります。母乳が出なくなってからと決めているところや、生理が2~3回来てからと決めているところもあるので、施術時やカウンセリング時に確認しておくことをおすすめします。

将来、妊娠を希望する人におすすめの脱毛サロン・医療クリニック

お腹でハートマークを作る女性

妊娠中は脱毛できませんが、妊娠する前に少しでもムダ毛を減らしておきたいと考えている人は多いかもしれません。ここでは「契約中に妊娠するかもしれないけれど、脱毛を始めたい」と考えている人におすすめの脱毛サロンと医療クリニックをご紹介します。

将来、妊娠を希望する人におすすめの脱毛サロン①ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムは店舗数・売上が6年連続、顧客満足度が4年連続でNo.1の脱毛サロン※。全国に170店舗以上を展開し、サロン間の移動が自由なので、引っ越しや転勤をした場合でも、近くの店舗に通えます。
(※東京商工リサーチ調べ)

■妊娠時の対応
ミュゼプラチナムで契約中に妊娠がわかった場合、どのコースでも妊娠から授乳中は脱毛を中断できます。中でも、美容脱毛完了コースは無制限で脱毛を中断できるので、妊娠がわかった場合は、子育てがひと段落してから脱毛を再開したいと考えている人におすすめです。

ミュゼプラチナム

将来、妊娠を希望する人におすすめの脱毛サロン②銀座カラー

銀座カラーは2018年2月の調査で、お客様満足度No.1の脱毛サロン※。口コミ評価が高く、担当スタッフの丁寧な対応や脱毛前後のケアで人気を集めています。
(※楽天インサイト調べ)

■妊娠時の対応
銀座カラーの回数制コースは、妊娠から授乳中に施術を中断しても回数が減りません。期間無制限の脱毛し放題コースもあるので、子供が小さい間は脱毛を中断したい人や、体調が完全に整ってから脱毛を再開したい人にもおすすめです。

銀座カラー

将来、妊娠を希望する人におすすめの脱毛サロン③シースリー

全身脱毛専門店 シースリーは2016年5月の調査で最もお得に感じる脱毛サロンNo.1※。業界で唯一、永久メンテナンス保証が付いているので、脱毛終了後にムダ毛が生えてきた場合は、追加料金なしで施術を受けられます。
(※楽天リサーチ調べ)

■妊娠時の対応
全身脱毛専門店 シースリーの脱毛は、スタートから納得できるまで無期限で通い放題です。そのため、脱毛を契約している途中で妊娠しても、手続きや退会は必要ありません。
授乳が終わって生理が来たら、いつでも脱毛を再開できるので、できるだけ早く脱毛を終わらせたいと人もゆっくりと休んでから脱毛を再開したい人にも良いでしょう。

シースリー

将来、妊娠を希望する人におすすめの医療クリニック①リゼクリニック

リゼクリニックは日本全国に15院を展開する医療脱毛専門クリニック。キャンセル料やシェービング料、打ち漏れ再照射料、脱毛による肌トラブルの治療費が無料で、安心して通えると人気を集めています。

■妊娠時の対応
リゼクリニックは脱毛コースの有効期限が他の医療クリニックよりも長めの5年に設定されています。そのため、脱毛コースを契約中に妊娠、出産しても、解約せずに脱毛を続けられます。

リゼクリニック

将来、妊娠を希望する人におすすめの医療クリニック②フェミークリニック

フェミークリニックは、女性を幸せにする医療を目指す医療クリニック。脱毛のほかに、ニキビ治療やシミ治療、美容注射などの施術を行っています。
フェミークリニックの脱毛は技術力が高いことが特徴です。開院以来培った技術で丁寧に施術してくれるので、打ち漏れなどの心配はありません。

■妊娠時の対応
フェミークリニックの脱毛コースは有効期限がないので、契約中に妊娠をしても出産後に脱毛を再開できます。妊娠がわかったら、今後のスケジュールなどをスタッフに相談してみましょう。

フェミークリニック


妊娠中は脱毛を受けられません。将来、妊娠を希望している人はプランに有効期限がなかったり、休止制度があったりする脱毛サロンや医療クリニックで脱毛を契約すると、安心でしょう。