脱毛の専門サイト

基礎知識

胸や乳首周りの脱毛ってどうなの?脱毛サロンと医療脱毛の違いとは

By 桐山ぼんず

胸脱毛を行うには、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの2つがあります。脱毛サロンは痛みをあまり感じることなく施術ができますが、何度も通わなければ脱毛が完了しません。これに対して医療脱毛クリニックは脱毛効果が高く、施術回数も少ないです。しかし、痛みを感じることがあり、費用も高くなってしまいます。どちらも自己処理が必要なくなるほど脱毛できる点は同じですが、胸脱毛では火傷などのリスクもあるので、しっかりと情報を集めておく必要があります。

▶︎脱毛の基本

胸脱毛はどこで受ける?

医療レーザー脱毛

脱毛サロンの場合

胸脱毛をする方法としては、まず脱毛サロンがあげられます。脱毛サロンでは、光脱毛と呼ばれる機器を利用して施術します。これは特殊な光を皮膚に当てることで、毛根がダメージを受けて徐々にムダ毛が生えないようにするのが基本の流れです。お店によりますが、大体5~6回がセットになっており、1~3か月に1度通います。

光脱毛以外にも電気美容脱毛を使うサロンもあります。毛穴に針を刺し電流を流すことで、毛根を焼いて脱毛を行う方法です。しかし、この方法は痛みが強く、施術時間がかかるため、光脱毛のサロンが増えています。

脱毛サロンで胸脱毛するメリット

脱毛サロンで胸脱毛を行うメリットは、胸のムダ毛がなくなるということです。光脱毛などを用いるので、ムダ毛も徐々に生えなくなり、最終的に自己処理も必要なくなります。

この結果、今まで気になっていた胸のムダ毛もなくなり、水着はもとより胸が大きく開いたファッションにも自信が持てるようになります。しかもムダ毛などがなくなることでお肌のトーンが明るくなり、胸元が以前よりもキレイに見えます。

また、ムダ毛がなくなれば汗や皮脂によるニキビなどのトラブルも回避ができ、常に清潔感のある状態になります。汗の蒸れも抑えることができるので、ニオイの防止にもなります。特に恋人がいる場合は、男性からの印象も良くなり喜ばれることが多くなります。

脱毛サロンで胸脱毛するデメリット

脱毛サロンでの胸脱毛では、時間とお金がかかってしまうのが大きなデメリット。1回の施術は5~15分程度で、毛の生え具合に合わせて徐々に脱毛ができるようにします。

このためサロンへは、最低でも6回通う必要があります。およそ1~3か月の間隔で施術を行うので、6回すべて終える頃には1年が経過してしまいます。効果を感じるのも、4か月だったり1年だったりと個人差があります。

胸脱毛をサロンで施術するには、5~6回のセットで20,000~30,000円の費用が相場といわれています。しかも乳輪周りから乳房、胸の谷間などでパーツが分かれており、それぞれの施術に対して費用がかかるケースもあります。このため、予想以上の金額になってしまう場合もあるので注意が必要です。

医療脱毛クリニックの場合

医療脱毛クリニックでは、医療レーザー脱毛を利用しムダ毛の処理ができます。医療行為の一種なので、医師免許有資格者が施術を行う分、安心して任せることができます。

医療レーザー脱毛は、毛根のメラニン色素に反応するようになっています。毛根にダメージを与えることで、ムダ毛が毛穴に残らず脱毛ができるので、最終的に自己処理が必要ないくらいツルツルとした肌触りになります。光脱毛よりも脱毛効果が高い方法といわれており、施術の回数が少ないのも魅力です。

医療レーザー脱毛は痛みを伴いますが、最近は痛みを軽減した機種も登場しており、施術におけるストレスは減っているようです。施術前にはジェルなどでお肌への負担を軽減してくれ、施術後もしっかりケアをしてくれるので安全性も高いです。

医療脱毛クリニックで胸脱毛するメリット

医療脱毛クリニックでの胸脱毛は、サロンと同じように毛根からムダ毛を減らします。自己処理の必要がなくなるので、胸のムダ毛での悩みを解消することができます。ファッションでも自信が持て、胸にコンプレックスを抱くこともなくなります。

しかもクリニックで施術する医療レーザー脱毛は、光脱毛と比べると威力が強く、2~3回程度の施術で効果を感じやすくなります。毛穴に対してレーザー照射をするため、皮膚に負担をかけることなく施術が行えるのもメリットです。

医療脱毛クリニックで胸脱毛するデメリット

医療脱毛クリニックでの胸脱毛は、やはり時間と費用に関してのデメリットが大きいです。医療レーザー脱毛の施術は10~20分程度ですが、1度の処置だけでは効果は出ません。クリニックによっては5~6回でセットになっており、2~3か月おきに通う必要があるので、胸脱毛を終えるには1年は必要です。

医療レーザー脱毛は毛が生える周期に合わせて施術を行うので、どうしても時間をかけて処置をしていかなければなりません。クリニックで胸脱毛をするには、ある程度の時間の余裕が必要です。

また医療レーザー脱毛とはいえ、クリニックでの胸脱毛は保険適用外となっています。胸全体の施術で6回セット60,000~80,000円が相場で、クリニックによっては100,000円を超えるところもあるようです。脱毛サロンと比べると高額になるので、経済的に余裕がなければなかなか難しいですね。

医療レーザー脱毛の利用は、トラブルが全くないというわけではありません。毛穴に傷がついて化膿する「毛のう炎」やお肌の炎症の恐れもあるので、施術後はしっかりとしたスキンケアが必要です。

胸脱毛する場所の選び方

女性モデル

胸脱毛できる範囲の確認

胸脱毛のお店選びでポイントになるのが、施術範囲です。これは脱毛サロンと医療脱毛クリニック、どちらも鎖骨からアンダーバストが基本の範囲となっています。しかし細かな部分はお店によって微妙に違い、肩が含まれていたりパーツ分けされていたりなどいろいろです。

乳輪は光脱毛と医療レーザー脱毛、どちらも施術ができません。これは二つの機材がメラニン色素に反応して動作するためで、乳輪の色にも反応してしまい、火傷を引き起こす可能性が高いからです。

とはいえお店によっては乳輪ギリギリまで脱毛したり、乳首を中心として半径3~5mm以内など明示していたりするので、カウンセリングの段階で細かく確認しておくのがいいでしょう。

料金

胸脱毛のお店選びで最も気になるのが、料金です。これは上記でもご紹介した通り、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの差が大きいのがポイント。胸全体の施術であれば、脱毛サロンは20,000~30,000円で、医療脱毛クリニックは60,000~80,000が相場となっています。

しかし、単に費用だけで選ぶと、脱毛効果が弱いなどの不満も出やすくなります。費用の安い脱毛サロンは、脱毛の威力が弱めで施術回数が多いなどの難点があります。医療脱毛クリニックに関しては脱毛効果が高い分費用は高いですが、施術回数も少なく済みます。

どのお店もメリットやデメリットがあるので、費用以外のことも考慮しつつ選択するのが好ましいです。

通う回数やコースなど

胸脱毛のお店選びでは、コースや通う回数にも注目しておきましょう。脱毛サロンと医療脱毛クリニックでは5~6回が基本のセットになっており、全身脱毛に含まれていたり胸脱毛として独立したコースになっていたりします。

ムダ毛が胸だけでなく、肩や首、お腹なども目立っているのであれば、全身脱毛を選ぶのがおすすめです。胸だけでいいのであれば、胸や乳輪コースを選択するのがいいでしょう。

通いやすいかどうか

お店選びでのポイントとしては、通いやすさもあります。例えば自宅からお店まで1時間以上かかるのであればそれだけ面倒になってしまいます。とはいえあまりに近すぎても、近所の人に知られてしまうのは恥ずかしいと感じることもあるでしょう。

自宅から徒歩圏内はできるだけ避けておき、電車や車で10~20分以内の範囲でお店を探すのがおすすめです。これだと通うのにさほど面倒にならず、近所の人に知られてしまう恐れも減ります。自宅や会社などの行動範囲内で、お店を選べるのであれば尚良しです。

胸脱毛を受ける時の注意点

光脱毛

胸全体なのか乳輪周りなのか決める

胸脱毛といっても、胸の中で「乳輪周り」や「胸全体」、もしくは「胸の谷間」などでパーツ分けがされているお店もあります。このため、胸脱毛をする際は、どの部分を施術するかということを決めておく必要があります。

全体のムダ毛が気になるのであれば、「胸全体」を選択。乳首周りの太い毛が気になるのであれば、「乳輪周り」を選ぶのが良いでしょう。乳輪周りのみであれば当然費用も安くなり、胸全体なら高めになってくるので予算に関しても注意したいところです。

事前にシェービングする場合は電気シェーバーで

胸脱毛を行う注意点として、事前にムダ毛を剃っておく必要があることを覚えておきましょう。施術する際にムダ毛が伸びていると、光脱毛や医療レーザー脱毛のメラニン色素反応で、火傷を引き起こす可能性があるためです。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、1~2mm程度のムダ毛が適しているといわれています。カミソリなどを使うと、お肌への負担が大きく長さも調整できないので、電気シェーバーを用いるのが好ましいです。できるだけ脱毛の2日前に済ませ、施術での肌への負担を減らしましょう。

毛根へのダメージを与えることで脱毛ができるので、ワックスなどの毛を「抜く」処置は控えます。

カウンセリングをしっかり受ける

脱毛サロンと医療脱毛クリニックでは、どのお店でも事前カウンセリングを行います。ここでしっかり希望を伝え、どのように胸脱毛をしたいのかを話しておかないと、仕上がりに大きな差が出ることもあります。

カウンセリングで話しておきたいのは、胸のどの部分のムダ毛が気になり、どのように脱毛したいのか。施術範囲を含め、費用についてもじっくり話をしておきます。

カウンセリングをおろそかにすると、トラブルの原因にもなりかねないので、時間を取って相談するようにしましょう。

胸脱毛が受けられない人は?

胸を押さえる女性

妊娠中

胸脱毛を控えたいのは、妊娠中の女性。光脱毛や医療レーザー脱毛は皮膚や毛穴への負担が多少なりとも発生しますが、おなかの赤ちゃんへ影響することはありません。

ですが、施術での痛みや緊張などのストレスは、母体だけでなく胎児にも影響がでやすいです。しかも妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいので、お肌の状態も日によって変化します。肌トラブルにもなりやすいので、妊娠中はお店からも施術を断られることが多いです。

ペースメーカーを装着している

ペースメーカーは心臓の動きを助けるためにある医療機器です。使用する人の心臓に埋め込まれているのが一般的で、動作が停止することで命にもかかわります。特にペースメーカーは電磁波に反応するので、携帯電話や電子レンジなど、さまざまな面で影響を受けます。

ペースメーカーをしている場合は、胸だけでなく脱毛の施術自体を断られるケースがほとんど。光脱毛や医療レーザー脱毛が、どれだけペースメーカーに影響を与えるかは解明されておらず、トラブルが起こった際の対処に責任が持てないというのが大きな理由です。

医療脱毛クリニックに関しては、心臓から遠い部分での施術は可能としているお店もあるようです。しかし胸脱毛は心臓にも近い場所なので、ペースメーカーをしているのであれば施術は難しいと認識しておきましょう。


胸のムダ毛は気になっている女性も多く、自己処理だと負担になりやすいのでお店での施術を考えている人もたくさんいます。脱毛サロンや医療脱毛クリニックは、どちらも費用はかかりますが確実に気になるムダ毛を減らしてくれます。効果の出方は人によって違いますが、将来的にも悩みを解消できるので、思い切って相談してみるのもおすすめです。