脱毛の専門サイト

基礎知識

美肌に近づける!?鼻下脱毛のメリット・デメリットと注意点

By 深井麻実

「産毛のせいで顔がくすんで見える」「男性のような毛が生える」などと鼻下の産毛に悩んでいる女性は少なくありません。今回は鼻下の産毛の悩みを解消する脱毛についてご紹介します。

鼻下の脱毛はできる?

口をとがらせる女性

顔に生えている産毛は脇毛やアンダーヘアと比べて薄いので、あまり気にしていない人もいます。しかし、鼻下に産毛が生えていると、ひげのように見えてしまうので、できれば鼻下も脱毛したいと思っている人も多いです。では、鼻下の脱毛はできるのでしょうか。

鼻下も脱毛できる!

基本的には、鼻下の脱毛は脱毛サロンや医療脱毛クリニックで受けられます。料金やプランの内容を考慮し、自分に合った脱毛サロンや医療脱毛クリニックで鼻下の脱毛を受けましょう。

鼻下の脱毛に対応していない脱毛サロンや医療脱毛クリニックもある

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、鼻下の脱毛を受けられますが、鼻下を含む顔脱毛に対応していない脱毛サロンや医療脱毛クリニックも存在します。

例えば、大手の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」には顔脱毛のサービスはないため、注意しましょう。

全身脱毛には顔が含まれないことも多い

全身脱毛を受ける場合、脱毛範囲は脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって違います。全身脱毛プランでも、顔の脱毛は含まれない脱毛サロンや医療脱毛クリニックは少なくないので、全身脱毛を検討中の人は脱毛範囲を確認しておきましょう。

全身脱毛に顔脱毛が含まれていない場合は、部分脱毛で鼻下の脱毛を追加したり、他の場所で鼻下を脱毛したりするのがおすすめです。

鼻下の脱毛の料金相場

財布を持つ女性の手

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛は高額なイメージがありますが、鼻下は脱毛範囲が狭いので、比較的安く脱毛できます。鼻下脱毛の料金相場を確認していきましょう。

脱毛サロンで鼻下を脱毛する場合の料金相場

鼻下の脱毛に対応している「脱毛ラボ(だつもうラボ)」「銀座カラー(ぎんざカラー)」「エピレ」「ディオーネ」「ジェイエステティック」の料金を調べました。

脱毛サロンでの鼻下の脱毛は、1回あたり約2,161円で脱毛できます。鼻下脱毛のプランで多いのは8回コースと12回コースで、8回コースの平均相場は約19,300円、12回コースの平均相場は25,200円です。

医療脱毛クリニックで鼻下を脱毛する場合の平均相場

鼻下脱毛のプランがある「アリシアクリニック」「リゼクリニック」「フェミークリニック」「クレアクリニック」「湘南美容外科(しょうなんびようげか)」の料金を調べました。

医療脱毛クリニックでの鼻下の脱毛の平均相場は、1回あたり5,478円で、脱毛サロンでの平均相場よりも2~3倍高い傾向にあります。鼻下の脱毛のプランで多いのは、5回コースで平均相場は約30,238円です。

鼻下の脱毛のメリット

微笑む女性

鼻下を脱毛すると、自己処理が楽になるだけでなく、美肌を目指せることもメリットです。

鼻下の脱毛のメリット①毛穴の広がりを予防できる

鼻下を脱毛しない場合、産毛のケアにはかみそりや電動シェーバー、脱毛パック、ワックスなどを使う人が多いです。しかし、かみそりなどを使って産毛を自己処理すると、肌が傷つけられて毛穴が広がることがあります。

毛穴が広がれば、肌が黒ずんで見えたり、ニキビなどの肌トラブルが引き起こされたりすることもあるでしょう。

他方、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛すると、自己処理による毛穴の広がりを予防できます。脱毛後に適切なスキンケアを続けていれば、自己処理で広がった毛穴も少しずつ引き締まってくるでしょう。

鼻下の脱毛のメリット②化粧のりが良くなる

鼻下にはたくさんの産毛が生えています。そのため、産毛処理が十分でなければ、化粧下地やファンデーションが肌と密着せず、化粧が浮いたり、ムラができたりします。

しかし、鼻下を脱毛すると、産毛が減るため、化粧品が肌と密着します。密着度が上がれば、化粧がきれいに仕上がり、化粧崩れも起こしにくくなるでしょう。

鼻下の脱毛のメリット③透明感がアップする

鼻下の産毛は脇毛などと比べて薄いですが、他のムダ毛と同じように茶色や黒なので、肌の表面にあると、目立ちます。特に、肌が白い人は産毛の色が目立ちやすいため、肌がくすんでいるように見えることも珍しくありません。

一方、鼻下を脱毛すると、肌の表面の毛が見えなくなって透明感がアップします。また、光を反射しやすくなるので、肌がトーンアップして見えることもあるでしょう。

鼻下の脱毛のメリット④シェービングによる肌トラブルを予防

鼻下の皮膚は薄く、デリケートです。そのため、シェービングを繰り返していると、色素沈着などの肌トラブルが起こる可能性があります。また、かみそりなどで産毛を処理すると、誤って肌を傷つけてしまうことも少なくありません。

シェービングによる肌トラブルに悩んでいる人は、鼻下を脱毛すると、悩みを解決できる可能性があります。鼻下の脱毛が進めば、自己処理が不要なほどに産毛が生えてこなくなるので、色素沈着したり、肌に傷を付けたりすることがなくなるでしょう。

鼻下の脱毛のメリット⑤ストレスを緩和できる

「鼻下の産毛が濃い」「男性のようなヒゲが生えてくる」などと悩んでいる人は、気づかない間にストレスが溜まっている可能性が高いです。ストレスは肌荒れや体調不良にもつながるので、鼻下の産毛に悩まされている人は脱毛を検討することをおすすめします。

鼻下の脱毛のデメリット

肌の状態に悩む女性

鼻下の脱毛はメリットばかりではありません。脱毛後に後悔しないためにも、あらかじめデメリットを知っておきましょう。

鼻下の脱毛のデメリット①やけどや毛嚢炎のリスクがある

脱毛サロンで受けられる光脱毛や医療脱毛クリニックで受けられるレーザー脱毛では、光やレーザーを照射して熱を発生させ、毛根にダメージを与えます。そのため、光やレーザーの強さや肌の状態によっては、やけどや赤みなどの肌トラブルが起こることがあります。

また、脱毛後は肌がデリケートになっているので、雑菌の影響を受けやすいです。脱毛した肌に雑菌が入り込めばニキビのようなポツポツが出る毛嚢炎になる可能性も否定できません。

脱毛によるやけどや毛嚢炎などのトラブルが心配な人は、医療機関と提携している脱毛サロンや医療脱毛クリニックで鼻下の脱毛を受けましょう。

鼻下の脱毛のデメリット②脱毛期間が長い

鼻下は他のパーツと比べて脱毛期間が長いこともデメリットです。

■鼻下の産毛はメラニン色素が少ない
脱毛では、メラニン色素に反応する光やレーザーを照射して熱を発生させます。しかし、鼻下に生えている産毛は脇毛などと比べてメラニン色素の量が少ないため、効果が現れにくいです。

■産毛は生え替わりの周期が長い
脱毛は毛の生え替わりの周期に合わせて施術を繰り返すことで、効果を実感できるようになります。産毛は太い毛と比べて生え替わりの周期が長いため、鼻下の脱毛は効果を実感できるようになるまでの期間が長いです。

■鼻下の脱毛に必要な期間
効果には個人差がありますが、鼻下の産毛が目立たなくなるまでには、脱毛サロンで12回以上、医療脱毛クリニックで6回以上の施術が必要だと考えられています。

脱毛は約2か月に一度のペースで施術を繰り返すため、鼻下の産毛の脱毛には脱毛サロンで約2年、医療脱毛クリニックで約1年の期間が必要です。

鼻下の脱毛のデメリット③ホルモンバランスの変化で毛が生えてくる

鼻下の産毛はホルモンバランスの影響を受けやすいと考えられていますが、脱毛後にホルモンバランスが変化すれば、再び産毛が目立つ可能性があることには注意しておきましょう。

脱毛後に鼻下の産毛に悩まされたくない人は、永久脱毛効果を期待できるレーザー脱毛を受けるのがおすすめです。

鼻下の脱毛のデメリット④紫外線を浴びやすくなる

産毛には肌を守る役割がありますが、鼻下の産毛を脱毛すると、肌が直接紫外線を浴びます。そのため、脱毛後はシミやそばかすなどを予防するために、日焼け対策を徹底しなければなりません。

脱毛前と比べて日焼けに注意しなければならないことは、鼻下の脱毛のデメリットといえるでしょう。

鼻下の脱毛の注意点

鼻下脱毛する女性

鼻下を脱毛する時は4つの点に注意しましょう。

鼻下の脱毛の注意点①追加料金

元々、鼻下の産毛が薄い人は、効果を実感できるようになるまでに期間が必要です。そのため、回数が少ないプランでは、効果に満足できない可能性があります。

効果に満足できず、追加で施術を受けると、予定以上に脱毛料金がかかるので、脱毛前にはカウンセリングで施術回数を相談しておきましょう。追加料金が不安な場合は脱毛し放題のプランがある脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶのがおすすめです。

鼻下の脱毛の注意点②レーザー脱毛は痛みが強い

鼻下の皮膚は薄いため、高い効果を期待できるレーザー脱毛は強い痛みを感じることがあります。レーザー脱毛を検討中で痛みが心配な場合は、あらかじめスタッフに相談しておきましょう。

痛みに弱い人は、麻酔してもらえる医療脱毛クリニックや痛みを感じにくい脱毛サロンで鼻下を脱毛するのが良いでしょう。

鼻下の脱毛の注意点③施術当日はできるだけノーメイク

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで鼻下を脱毛する時は、すっぴんで脱毛に行かなければならない場合と脱毛するところでメイクを落とせる場合があります。すっぴんで脱毛に行かなければならない場合は、必ず化粧を落としてから脱毛に行きましょう。

脱毛後は肌への刺激を抑えるために、できるだけすっぴんで帰るのが望ましいですが、どうしても化粧したい場合はミネラルコスメなどの肌に優しい化粧品を使いましょう。

鼻下の脱毛の注意点④施術後は保湿を徹底する

脱毛後の肌は乾燥しやすいです。肌が乾燥すると、バリア機能が低下し、肌が炎症を起こしたり、ニキビができたりするので、脱毛後は保湿を頑張りましょう。

乾燥が不安な人は、コラーゲンやセラミドなどが配合された保湿ローションでアフターケアしてくれる脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶのがおすすめです。


鼻下を脱毛すると、自己処理による肌トラブルを予防できて美肌にも近づけます。産毛に悩んでいる人はやけどや毛嚢炎のリスクを考慮したうえで、脱毛を検討してみてはいかがでしょう。