脱毛の専門サイト

自己処理

これは要注意!陰毛を抜く4つのデメリットとは?

By 望月あい

VラインやIラインのムダ毛をシェーバーで剃っても、1~2日経てばポツポツと生えてきますよね。生えてきたときに、チクチクしてかゆくなった経験のある人もいるのではないでしょうか。かといって陰毛を抜くと、肌トラブルの原因にもなりかねません。陰毛を抜くことのデメリットや注意点をご紹介します。

陰毛を抜くデメリット①埋没毛になりやすい

毛抜きを持つ女性

毛抜きやワックスで毛を抜くと、毛が皮膚の下にうもれ、きちんと生えてこなくなることがあります。肌の奥に、毛がうもれたままの状態になるのですね。

埋没毛になると、肌の表面がポツポツと黒くなり、見た目にもきれいではありません。皮膚の表面が、黒く盛り上がっていることもあります。

しかし気になるからといって、ピンセットでむりやり毛を引っ張り出すと、肌にダメージを与えます。皮膚は、肌表面の傷を治癒するために毛穴を防ごうとし、また埋没毛になる悪循環に陥るのです。

とくにムダ毛を抜くときに、毛の流れに逆らって抜くと、埋没毛になりやすくなるのでご注意ください。ワックスは、基本的に毛の流れに逆らってはがすので、埋没毛になりやすいデメリットがあります。

陰毛を抜くデメリット②皮膚を痛める

手をクロスさせる女性

陰毛を抜くと、その分肌にも負担がかかります。とくにデリケートゾーンは、皮膚も敏感です。陰毛を抜いて肌が赤くなったり、かゆくなったりすることもあるのでご注意ください。

ワックスや毛抜きで陰毛を抜くと、皮膚への負担も大きいです。人によっては炎症やかぶれの原因になることも。毛を抜いたところが炎症を起こして雑菌が入りこむと、皮膚の先に膿がたまることもあります。最悪の場合、跡が残る可能性もあるので気をつけましょう。

陰毛を抜くデメリット③痛い

頭を抱える女性

陰毛を抜くと、単純に痛いですよね。皮膚が無理に引っ張られるので、抜くときはどうしても痛みを感じます。

シェービングの場合は無痛ですが、ワックスや毛抜きで処理をする場合は、その都度痛みを感じます。お風呂上がりの毛穴が開いているときは、痛みはまだマシですが、それでも無痛というわけではありませんよね。

また、一度抜くとしばらくはムダ毛が生えてきませんが、生えてくるとまた抜かなければなりません。そのため、陰毛を抜くときの痛みを定期的に味わうことになります。

陰毛を抜くデメリット④サロンやクリニックでの脱毛完了が遅れる

時計

エステサロンや医療クリニックでの脱毛を考えている人は、陰毛を抜くべきではありません。サロンやクリニックに行っても、自宅処理では毛を抜かないように指導されます。

一度毛を抜くと、また生えてくるまでに時間がかかります。中には数週間で生えてくる毛もありますが、長いと半年近く生えてこないことも。

サロンや医療クリニックで処理ができるのは、生えている毛のみです。根本から抜いてしまった毛は、施術ができません。そのため、せっかく高い費用を出して通っても、普段から抜いている毛が多ければ、効果的な施術ができないのです。

近いうちに、エステサロンや医療クリニックでの脱毛を考えている場合は、毛を抜かないようにしましょう。自宅での処理は、シェービングで行うといいですね。余裕をもってシェービング処理をしておけば、その分サロンやクリニックに通ったときに、効果的に施術を受けられます。

陰毛は医療クリニックでの脱毛がおすすめ

紹介する女性

陰毛の自己処理は大変ですよね。ビキニラインだけならまだしも、IOラインを自己処理するのは手間がかかります。

またデリケートゾーンは、肌が敏感で傷つきやすくなっています。そのためシェービングやワックスで陰毛を抜くと、肌トラブルの原因になりかねません。

陰毛のお手入れを面倒に感じているなら、医療クリニックでの脱毛がおすすめです。エステサロンでの脱毛と違い、医療機関なので、万一の肌トラブルのときもすぐに薬を処方してもらえますよ。

また、エステサロンよりも脱毛器の出力が高いので、強い効果が期待できます。その分少し痛いのがデメリットですが、別料金で麻酔クリームをつけられるところも多いです。麻酔クリームは、皮膚に塗るタイプの麻酔で、脱毛時の痛みを軽減してくれますよ。

とくにVIOの脱毛は多少痛みがともなうので、心配な人は最初から麻酔をお願いするといいでしょう。麻酔クリームの値段は、1回3,000円前後のところが多いですね。通う回数は個人差もありますが、6~8回ほどで自己処理がいらなくなります。

施術するときは紙の下着を身につけるところが多く、下着を全部脱ぐ必要はありません。


陰毛を抜くデメリットを4つご紹介しました。陰毛を抜くと、生えてくるまでに時間はかかりますが、肌トラブルになりやすくなります。代表的な肌トラブルは、埋没毛や炎症ですね。また自己処理は一時的なものなので、しばらくすると再び処理をしなければなりません。陰毛の処理が面倒な人は、医療クリニックでの脱毛がおすすめですよ。