脱毛の専門サイト

基礎知識

VIOラインの脱毛について知りたい!VIOライン脱毛の基礎知識

By 秋田まち

むだ毛の処理は女性にとって大きな悩みの1つですが、特にビキニラインやデリケートゾーンの脱毛についてはどのように手入れしていけば良いかわからないという人も少なくありません。

パンティーラインに沿った部分を「Vライン」、性器横部分を「Iライン」、そして肛門まわりを「Oライン」といい、アンダーヘア部分の脱毛を「VIO脱毛」といいます。

この「VIO脱毛」とはどのような方法で行うのか、仕上げる形や痛みなど、基礎知識についてご紹介します。

VIOライン脱毛の基礎知識①VIOライン脱毛とは?

ビキニの女性

アンダーヘア部分を脱毛することを「VIO脱毛」と言います。陰部周辺のデリケートゾーンやビキニラインは、自己処理を行わなくても脱毛サロンやクリニックなどで処理してもらうこともできます。

VIOライン脱毛の基礎知識②こんな人におすすめ

タオル姿で横たわる女性

いくら脱毛サロンやクリニックで専門的に施術を行うプロの人とはいえ、デリケートな部分であるVIOラインを他人に見られるなんて……と思うかもしれません。

しかし、自分でVIOラインの処理を続けるよりも、プロに任せて処理をしてもらったほうが良い場合もたくさんありますので、VIOラインの脱毛はどのような人にとってメリットが多いのか確認していきましょう。

VIOライン脱毛がおすすめな人①水着やTバックの下着を着る

旅行や温泉に行った時や、夏場にプールや海に泳ぎに行った場合、服を脱いで着替える時には普段人の目に触れることがない自分のアンダーヘアが気になってしまうものです。

しかしキレイにむだ毛を処理しておくことで、周囲の視線は気にならなくなるでしょう。特に水着やTバックの下着を着る機会がある場合は、きれいにVIOラインを整えておくと、自信を持つことができます。

VIOライン脱毛がおすすめな人②自己処理してもすぐに生えてきてしまう

自分のアンダーヘアは他の人よりも濃いと感じている場合や、毛が太めだと感じている場合、自己処理をしてもすぐに毛が生えてしまうこともあるかもしれません。

キレイに形を整えたはずなのに、処理したはずの場所からまたすぐ毛が生えてしまうと、手入れした後のほうが見た目の悪さを感じてしまうことになるため、処理を行う頻度が増えます。手間も増える上、肌への負担も大きくなるので、VIOラインは自己処理するのではなく脱毛をするのがおすすめです。

VIOライン脱毛がおすすめな人③自己処理による色素沈着などの悩みがある

VIOラインは自分で処理を行うのはとても難しい部分ですので、カミソリを使って剃ればカミソリ負けを起こすこともあります。また、ピンセットや毛抜きで処理を行えば色素が沈着してぶつぶつ状態になるなど、トラブルが増えてしまいます。

また、デリケートゾーンは下着が触れるところなので、締めつけや擦れによる黒ずみが出やすい部分でもあります。自己処理での色素沈着が気になるなら、プロに脱毛をお願いするのも一つの手です。

VIOライン脱毛の基礎知識③VIOライン脱毛のメリット

ピンセットを持つ手

「何度もVIOラインの処理を自分で行うのは面倒だし、頻繁に剃ったり抜いたりを繰り返しているので肌トラブルも心配……」という場合、脱毛サロンやクリニックにむだ毛の処理を任せることで悩みは解決されるでしょう。その理由として、次のようなことが挙げられます。

VIOライン脱毛のメリット①デリケートゾーンを清潔に保てる

トイレにウォシュレットがないと、用を足した後はティッシュだけの拭き取りでは不快感が残るという場合もあるかもしれません。さらに、デリケートゾーンのむだ毛が多いことで蒸れや臭いに悩まされている方も少なくないはずです。

汗や尿、生理の経血などが影響して湿気がこもってしまえば、かゆみや臭いの発生に繋がってしまいます。しかし、VIOラインのむだ毛がなくなることで、不快感や蒸れによる悩みは解消され、清潔さを保つことができるでしょう。

VIOライン脱毛のメリット②美肌ケアになる

デリケートゾーンのむだ毛処理を自分で行っている場合、適切な方法で行われていないことが原因で黒ずみを発生させてしまうことがあります。その上、肌が荒れてぶつぶつができてしまえば、むだ毛は処理されて少ない状態にできても見た目がよくない状態になってしまうでしょう。

しかし脱毛サロンで施術を行うことにより、むだ毛が生えていた部分の肌をキレイにすることができるので、満足できる仕上がりになるはずです。

皮膚の黒ずみやぶつぶつで悩んでいるという場合、肌に優しい脱毛を考えてみるのも一つの手でしょう。

VIOライン脱毛のメリット③キレイな形に仕上がる

デリケートゾーンのむだ毛を自分で処理してキレイな形に整えようとしても、どこまで毛をなくしてどのような形にすれば良いのか悩むところです。しかも左右の広さがバラバラになったり、毛の生えている面積が小さくなりすぎたりと、思うようにはいかず肩を落としてしまうこともあるかもしれません。

しかし脱毛サロンやクリニックに任せることで、自分が希望している形に仕上げてもらうことができます。

最も人気なのは、逆三角形のトライアングルです。手入れする前より面積を狭くしながら下着から毛がはみ出ないように仕上げてくれます。楕円形やU字型などは、自然さを維持できるので人気です。

長方形型や真四角など、好みによって色々な形に仕上げてもらうことができますが、最近ではアンダーヘアすべてをなくすハイジニーナも浸透しつつあるようです。日本ではまだ馴染みが少ないようですが、欧米などではハイジニーナが一般的と言われていますので、思い切ってむだ毛をなくしてしまうのも良いかもしれません。

VIOライン脱毛の基礎知識④VIOライン脱毛のデメリット

むだ毛の自己処理

脱毛サロンやクリニックでVIOラインの脱毛を行うと良いことばかり!と思うかもしれませんが、メリットがあれば当然、デメリット部分もあります。どのような点がデメリットとして挙げられるかについても確認しておきましょう。

VIOライン脱毛のデメリット①施術で痛みを感じやすい

VIOラインのうち、Oラインは個人差があるものの、比較的痛みは弱く、全く痛みがないという人もいれば、むしろくすぐったさを感じるという人もいるようです。

Vラインも麻酔なしで耐えることができる程度の痛さのようです。しかし、問題はIラインで、麻酔がない状態で施術すると、かなり痛みが激しいと感じる方もいたり、中には麻酔をしてもやっぱり痛い!という声もあるようです。

Iラインは陰部に最も近い部分なので、粘膜周辺の薄い皮膚部分を処理するということは刺激の伝わり方も大きいと考えておくべきでしょう。泣くほどの痛みではなくても、ぎゅっと歯を食いしばって耐えなければいけないくらいは痛さを感じる、と考えておいたほうが良いかもしれません。

VIOライン脱毛のデメリット②脱毛前の自己処理が面倒

脱毛サロンとクリニック、どちらもマシンから出る光を皮膚に照射し、毛根にダメージを与えることで毛が抜けるように促していきます。しかし光を照射する時に肌表面に多くむだ毛が残っていると、光があたる範囲が増えて過剰反応を起こし、熱温度が高くなってヤケドを起こしてしまう可能性があります。

さらにむだ毛の多さで光が毛根まで届かず、脱毛効果が薄くなってしまうことも考えられますので、施術を行う1~2日前までには自己処理を行っておくことが必要です。

ただし自己処理の際、カミソリや毛抜きを使って肌を痛めてしまうと、肌の痛みが原因で施術を受けることができなくなることもありますので、慎重に行わなければならず面倒です。

特にIラインは自分で処理をしたくても難しい部分ですし、誤ってデリケートゾーンを傷つけてしまう恐れもあるため、無理な体勢で行うことは避けるようにしてください。

VIOライン脱毛のデメリット③恥ずかしい

アンダーヘアを無毛の状態にしてしまうと、温泉などで人に見られるのが恥ずかしいと感じてしまうという人もいます。VラインやIラインは毛が生えていることが多い部分ですので、まったく毛がない状態は違和感があるという人も少なくありません。

自然な毛量に調節してもらうことはできますが、そもそも施術自体が恥ずかしいという人も少なくないでしょう。

特にIラインなど、人の目に触れることがない部分を他人に見せることになるので、例え相手が女性だとしてもやはり恥ずかしさを感じてしまうのは無理もありません。

しかし、ほとんどのサロンでは専用の下着を備えており、履いた後に施術を行うことになります。普段人に見られることのないIラインについても、脱毛する時には仰向けになって、膝を立てた状態で施術を行うことが一般的です。専用下着を履いたまま、脱毛する部分を少しずつずらして施術を行っていきますので安心してください。ただし、サロンによっては下着を脱いでタオルを使って行うところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

VIOライン脱毛の基礎知識⑤VIOライン脱毛の範囲

下着の中をのぞく女性

VIO脱毛でデリケートゾーンのアンダーヘアをキレイにすると、見た目も美しく清潔さを保つことができますが、どのくらいの範囲を脱毛していくか悩むところでしょう。

まったく毛のない状態にすればすっきりするという場合もあるでしょうし、やはり無毛よりは薄く残したほうが良いという場合もあるなど、人それぞれです。

それぞれのラインをどこまで脱毛するかによって仕上がる形も変わっていくことになりますが、そもそもそれぞれのラインがどこからどこまでのことを示しているのかを理解しておく必要があります。

Vライン

下着や水着を着るときには、パンティーラインから毛がはみ出していないか気になってしまうものですが、このVラインの範囲はサロンによって捉え方が異なります。

正面からみてアンダーヘアの上両側をVラインと呼び、内側部分をトライアングルと分けていることが多いようですが、トライアングル部分も含めてVラインと呼ぶサロンもありますので、説明を聞くときにはどこまでがVラインの範囲なのかを確認しておきましょう。

Iライン

Iラインは陰部の横部分を指していますが、左右のむだ毛を一切無くすのか、それとも量を少なくするのかを選ぶことになります。無毛状態のほうが清潔さを保つことができると感じますが、不自然になるのでは?と心配する人も少なくありません。

毛の形や量はカウンセリング時に相談して、希望する形に仕上げてもらうようにしましょう。

Oライン

Oラインは肛門まわりを指していますが、むだ毛が生えている人もいれば、生えていない人もいます。

生えている人は毛があること自体に恥ずかしさを感じる傾向があるため、Oラインの毛はすべて脱毛するという人が多いようです。

IラインはVラインから続くように少し残して、Oラインはすべて脱毛するという人もいれば、Vラインは小さく残して、IラインとOラインは無毛状態にするという人もいますので、人それぞれと言えるでしょう。

▶︎VIO脱毛ならどこが良い?


女性にとって毛が多いと悩みの種になりやすいVIOラインのアンダーヘアですが、脱毛サロンやクリニックでVIO脱毛を行うことで、自分が希望する形に仕上げることができます。

ただし痛みや恥ずかしさなど、自己処理で行うよりも負担に感じる部分も増えることがありますので、メリットとデメリットを踏まえた上で検討するようにしましょう。

「いずれはアンダーヘアの無毛状態を目指す!」という場合でも、最初は自然に脱毛していけるような形を考えていくようにすると良いかもしれません。